急ぎすぎた「マック改革」超深層  「藤田田」全否定に、社員、FCは疲労困憊

拡大
縮小

「ほんの一部の話」“溶解”する結束力

「マクドナルド側から請われてFCとなり04年に全国3位の売り上げを計上したのに、こんな仕打ちを受けるとは」。Kオーナーはもともと不動産会社や設計事務所を経営していた外部FCだ。「財務の悪化」から一部ロイヤルティ支払いに支障を来し、契約を解除されたのである。

だが財務悪化の原因は日本マックにある。1999年、周囲に続々と直営店が出店したため、対抗策としてやむなく増床投資を断行。それが財務の悪化をもたらしたと言う。

Kさんだけではない。大住台店のSさんも、大量出店政策による直営店との競合にBSEショックが重なり、売り上げが急落。社員時代の年収1100万円超が、FCオーナーに転じて半減してしまった。

つまり、オーナーたちは藤田時代の「所産」であると同時に、犠牲者でもある。原田社長が藤田時代を否定するのは自由だが(ホームページの「ミュージアム」からは、藤田氏に関する記述が完全に削除されている)、経営の連続性の中で、経営を継いだ者には、「負の遺産」も引き受ける責任があるだろう。すべてのツケはあなたがたに払っていただきます、ではオーナーたちはたまらない。

次ページ“重さ”は「ほんの一部の話」ですませていいのか。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT