中国当局が腐敗告発者を"別件逮捕"した理由

習近平政権下で強まる言論への規制<2>

区伯(ハンドルネーム、62歳)は、スリムな体に白い薄手のジャンバーを着て、好々爺といった風情で現れた
中国政府が市民のネット言論の取り締まりを強化し始めた――。今年4月、NNN系列「真相報道バンキシャ!」で放送された「モクゲキシャ!中国ネット規制」は、言論弾圧の被害者に肉薄した生々しいルポ。今回、当局にマークされている4人を取材した宮崎氏のルポを4日連続でお届けする。習近平政権下の中国で、いったい何が起きているのだろうか。

 

習近平体制の発足から半年ほど経った頃、目立ち始めた別の現象があった。中国版ツイッター「ウエイボー」で多くのフォロアーを持つなど、ネット上で人気を集める著名人たちが、次々と摘発され出したのだ。有名な投資家でもあり、1200万ものフォロアーを持っていたが薛蛮子(ハンドルネーム)が、2013年8月、買春の疑いで、北京で身柄拘束されたニュースは、中でも目を引いた。国営中国中央テレビは、警察が買春の現場に踏み込む一部始終を放送。金やティッシュペーパーまで写っているという生々しいものだ。

さらに、身柄拘束中の薛のインタビューを流す。それは、薛がカメラの前で「ネットに関して言いますと、私は虚栄心が強く、浮ついた言論によって、大衆の支持を騙し取る人間だと思っています」と、買春とは無関係の内容を語り、それまでのネット上での自らの言論活動に対する反省を「自白」するものだった。そのざらついた不自然さを、誰もが感じたはずだ。

「別件逮捕」と思われる憂き目にあった人物が、取材に応じてくれることになった。去年12月、彼の住む中国南部の広州へ向かった。

私的流用の疑いがある公用車をネット上で告発

携帯電話で公用車を撮影して告発

その人物、区伯(ハンドルネーム、62歳)は、スリムな体に白い薄手のジャンパーを着て、好々爺といった風情で現れた。タクシーに私も同乗して自宅に向かったのだが、その途中、区伯が「あれは、税関の車だ!」と突然叫ぶと、携帯電話を取り出して、並走する銀色のSUV車を写真に収めた。さらに、腐敗を取り締まる警察の規律検査委員会に電話をかけ、「車が学校で子供を乗せ迎えに使われていた」と説明した上、車のナンバーを伝えた。区伯は、私的に流用されている疑いがある公用車を見つけては、ネット上で告発し、ネット民の人気と支持を得ている。その活動の一端を、私は偶然目撃したわけだ。

区伯の背中について歩くと、自宅は古いマンションの一室だった。絵を描いて遊ぶ2歳くらいの赤ん坊は、孫だという。妻や孫はビデオに写さないで欲しい、とお願いされた。家族の身の安全を考えての対策である。

次ページ隣の湖南省に旅行に行ったところ・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT