インド、仏戦闘機36機の購入契約を締結

約87億ドル相当、空軍の近代化を推進

 9月23日、インド政府は、 仏防衛大手ダッソー・アビアシオンの戦闘機「ラファール」(写真)36機を約87億ドルで購入する契約をフランス政府と結んだ。コルシカ島で3月撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau)

[ニューデリー 23日 ロイター] - インド政府は23日、 仏防衛大手ダッソー・アビアシオン<AVMD.PA>の戦闘機「ラファール」36機を約87億ドルで購入する契約をフランス政府と結んだ。戦闘機の大量購入は20年ぶり。

インドは、台頭する中国や長年対立するパキスタンをにらみ、空軍の近代化を急いでいる。

フランスのルドリアン国防相とインドのパリカル国防相がニューデリーで契約に調印した。インド政府は過去約18カ月間にわたり、ダッソーと契約の条件をめぐり協議してきた。

インド国防省は、23日中に具体的な金額について確認するとしているが、同省当局者は78億ユーロ(87億ドル)だと述べている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。