インド、仏戦闘機36機の購入契約を締結

約87億ドル相当、空軍の近代化を推進

 9月23日、インド政府は、 仏防衛大手ダッソー・アビアシオンの戦闘機「ラファール」(写真)36機を約87億ドルで購入する契約をフランス政府と結んだ。コルシカ島で3月撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau)

[ニューデリー 23日 ロイター] - インド政府は23日、 仏防衛大手ダッソー・アビアシオン<AVMD.PA>の戦闘機「ラファール」36機を約87億ドルで購入する契約をフランス政府と結んだ。戦闘機の大量購入は20年ぶり。

インドは、台頭する中国や長年対立するパキスタンをにらみ、空軍の近代化を急いでいる。

フランスのルドリアン国防相とインドのパリカル国防相がニューデリーで契約に調印した。インド政府は過去約18カ月間にわたり、ダッソーと契約の条件をめぐり協議してきた。

インド国防省は、23日中に具体的な金額について確認するとしているが、同省当局者は78億ユーロ(87億ドル)だと述べている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT