「親のカネ」を把握しない人はいずれ後悔する

話の切り出し方と本音の引き出し方

おカネにまつわることは、父親、母親どちらにも確認をとりましょう。これは私の苦い経験によるものです。以前、母に「パパのゴルフ会員権、処分しておいて」と頼まれて売却したときのこと。後から父に「ひとこと相談してほしかった」とがっかりされたことがありました。

もう数年前のことですが、今でもよく言われます(笑)。本当に大切だったのでしょうね。人によって価値の“ある”もの、“ない”ものはまったく異なることを痛感した出来事でした。

夫婦で意思の疎通ができていないことも多いので、どちらか一方から言われても、ふたりの合意と思わないほうがよいでしょう。母親から言われたことは父親に、父親から言われたことは母親に、念のため確認するのが無難です。お互い内緒で、株をやったり、へそくりしていたりすることもあります。夫婦生活も長いと、一定の隠しごともあるものです。

ただ、親の資産の全体像を把握しておきたい子どもの立場からすると、両親の秘密は知っておきたいですよね。それぞれに

「お母さんに内緒で銀行口座とかもってないの?」

「お父さんに内緒のおこづかいってあるの?」

とこっそり聞いてみましょう。同性の場合は、温泉で背中を流しながら聞いてみると、案外ポロッと本音が飛び出すかもしれません。

ときどきおカネの問題を子どもに頼る親がいます。たとえば、

・おカネを貸してほしい

・借金を肩代わりしてほしい

などです。

実際、何かにつけて親の買い物の支払いをしている人や、「親孝行できなかったから……」という負い目があるからか、親の死後、親の借金を返済し続けている人が多くいます。

すべてをやる必要はない

『親とさよならする前に~親が生きているうちに話しておきたい64のこと』(サンクチュアリ出版)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

子どもだからといって、親に頼まれたことをすべてやる必要はありませんよ。特に親の借金は子どもの責任ではありません。独立した人間なのだから、断ってもよいのです。もし援助するなら、いくらまでおカネを出せるのか、あらかじめ決めておきましょう。

確かに、親に「できない」と言うのはつらいこと。親も、子どもを信頼してお願いしているのに……と傷つくかもしれません。そんなときは、どんなことならできるのか可能性を探って、「できない」ではなく「これはできるよ」と言えることを探してみてください。たとえば「(おカネは出せないけど)入院の付き添いならできるよ」。こんな感じですね。できないことをわざわざ口に出して伝えるよりも、できることを教えてあげる。そうやってお互いの距離感を縮めていけるとよいですね。

「親とおカネの話をするなんて不謹慎だ」と思う人もいるかもしれません。しかし、何も話してこなかったことが自分を苦しめ、大切な人も傷つけるかもしれません。「話しておけばよかった」と後悔しないように、親が元気で生きているうちにこそ、話して決めておきましょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT