ここにも円安の恩恵、為替好感トップ100

自己資本を強化する「為替換算調整勘定」

改善度の大きい会社はここ

以下に、12年9月末と12年12月末との為替換算調整勘定の増加、改善が大きかった会社をランキングしてみた。

ランキング上位には、三井物産1976億円、武田薬品工業1934億円、日産自動車1884億円と海外投資や海外展開に積極的な企業が続く。武田薬品工業、アステラス製薬、リコーなどは配当金の支払いや自己株式の取得で自己資本を減少させたが、為替換算調整勘定の増加で補った格好だ。パナソニックの増加額1322億円は、自社の通期営業利益予想1400億円に迫る数字だ。

次ページ株価上昇でもPBRはダウン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT