ここにも円安の恩恵、為替好感トップ100

自己資本を強化する「為替換算調整勘定」

「異次元緩和」後の株価でも割安?

最後に、4月4日の異次元緩和で暴騰した後の、足元の株価(4月8日終値)で算出した場合のPBRではどうだろうか。為替換算調整勘定増加額が100億円以上に限定し、純資産の増加によるPBRの低下(割安度の増加)度合いでランキングした。

東芝、ダイキン工業、テルモなどでPBRの低下が大きかったものの、いずれもPBR2倍超え。さすがに日経平均株価が1万3000円を超えた時点では過熱感もみえる。

ただ、この株価急騰後でもPBRが1倍割れとなった企業は少なくない。豊田自動織機、ミネベア、タカタなどが純資産の増加により1倍を割ってきた。また、セイコーエプソン、ヤマハなどは昨年9月末時点の純資産でみても1倍割れ。どちらも前期の業績が振るわなかったところだが、今期は業績の上向きが見込まれている。

今回の集計対象期間の為替相場の推移は、2012年9月末が1ドル=77.58円(東京17時)、12月末が同86.32円、3カ月間で8.74円円安が進んだ。13年3月末が同94.04円で、さらに7.72円円安が進行している。黒田総裁による異次元緩和後に進んだ円安で、4月8日には99.35円と、100円も見える水準まできた。

これから発表が本格化する3月期決算では、さらに為替換算調整勘定による自己資本の押し上げが想定されるところ。PBRからみれば上値余地がある思いがけない「為替換算調整銘柄」も出てくるかもしれない。

■東洋経済新報社の「財務データ」
上場会社が提出する貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、注記情報などの財務データを提供します。日次で更新が可能な「決算短信・有価証券報告書データ」のほか、有価証券報告書データの過去11年分を1枚のCDに収録した「会社財務カルテCD-ROM」をご用意しています。

詳細はこちら

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT