ライザップ「低糖質ピザ」は、どこが違うのか

ピザハットがダイエットの敵の改造に挑戦

ライザップとのコラボシリーズ、「熟成ベーコンとグリル野菜」のピザは糖質約29グラム、「チキンビッグサラダ5.6」は糖質約5.6グラム

宅配ピザと言えば、おいしいけれど高カロリーで、手軽に食べられるという意味ではジャンクフードの範疇に入る。ダイエット中の人にとっては禁忌の食べ物だ。スレンダーなボディラインへのあこがれは、宅配ピザの売れ行きを左右する一因ともなっている。

しかしこのたび、罪悪感なしに食べられるピザが登場した。3大宅配ピザチェーンのひとつであるピザハットが、パーソナルトレーニングジムのライザップとのコラボレーションによる“糖質を抑えた”ピザシリーズを、8月22日より期間限定、店舗限定で販売開始したのだ。

通常のピザ生地に比べて糖質は半分

このシリーズは「熟成ベーコンとグリル野菜」などの3種類のピザ(各税込み1080円)と、「チキンビッグサラダ5.6」(税込み842円)から成る。

「特徴は、直径約20センチと1人前サイズであることと、通常の生地に比べ約50%の糖質低減を図っている点です」(日本KFCホールディングス日本ピザハット執行役員・原田健部長)

「正直なところ、これまでと企画の手法が違うので、戸惑いました。ピザの商品開発の目的は“いかにおいしくするか”で、数字は気にしません。今回は“糖質を○グラムに収める”ということが大前提でしたので、粉のメーカーとともにかなり工夫を重ねました」(商品開発部・石橋恭子課長)

具体的には、ピザ1枚当たりの糖質量が30グラム前後に抑えられている。サラダの品名の「5.6」は糖質量約5.6グラムという意味だ。

なぜ、ここまで糖質にこだわっているのだろうか。

次ページダイエットの主流は「低糖質」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT