ライザップ「低糖質ピザ」は、どこが違うのか

ピザハットがダイエットの敵の改造に挑戦

ライザップとのコラボシリーズ、「熟成ベーコンとグリル野菜」のピザは糖質約29グラム、「チキンビッグサラダ5.6」は糖質約5.6グラム

宅配ピザと言えば、おいしいけれど高カロリーで、手軽に食べられるという意味ではジャンクフードの範疇に入る。ダイエット中の人にとっては禁忌の食べ物だ。スレンダーなボディラインへのあこがれは、宅配ピザの売れ行きを左右する一因ともなっている。

しかしこのたび、罪悪感なしに食べられるピザが登場した。3大宅配ピザチェーンのひとつであるピザハットが、パーソナルトレーニングジムのライザップとのコラボレーションによる“糖質を抑えた”ピザシリーズを、8月22日より期間限定、店舗限定で販売開始したのだ。

通常のピザ生地に比べて糖質は半分

このシリーズは「熟成ベーコンとグリル野菜」などの3種類のピザ(各税込み1080円)と、「チキンビッグサラダ5.6」(税込み842円)から成る。

「特徴は、直径約20センチと1人前サイズであることと、通常の生地に比べ約50%の糖質低減を図っている点です」(日本KFCホールディングス日本ピザハット執行役員・原田健部長)

「正直なところ、これまでと企画の手法が違うので、戸惑いました。ピザの商品開発の目的は“いかにおいしくするか”で、数字は気にしません。今回は“糖質を○グラムに収める”ということが大前提でしたので、粉のメーカーとともにかなり工夫を重ねました」(商品開発部・石橋恭子課長)

具体的には、ピザ1枚当たりの糖質量が30グラム前後に抑えられている。サラダの品名の「5.6」は糖質量約5.6グラムという意味だ。

なぜ、ここまで糖質にこだわっているのだろうか。

次ページダイエットの主流は「低糖質」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT