クリントン氏、15日から選挙運動を再開へ 

オバマ大統領が応援演説

 9月13日、オバマ米大統領は、大統領選挙の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の応援演説を行った。写真はフィラデルフィアで撮影(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[フィラデルフィア 13日 ロイター] - オバマ米大統領は13日、大統領選挙の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の応援演説を行った。肺炎と診断されたクリントン氏はニューヨークの自宅で休養しているが、スポークスマンによると、15日に選挙運動を再開する。

オバマ大統領がクリントン氏の応援演説を単独で行うのは初めて。フィラデルフィアの集会で、共和党候補で不動産王のドナルド・トランプ氏について「労働者階級に目もくれずに70年間過ごしてきた」と批評した。

トランプ氏は現政権下での所得の低迷を強調しているが、オバマ大統領は所得の伸びに関する国勢調査結果を示して自らの経済政策を擁護。「政権発足時よりも米国は強く、繁栄している」と述べた。

クリントン氏の選挙陣営によると、クリントン氏は15日にノースカロライナ州グリーンズボロでスピーチする予定。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT