中国共産党、天津市黄興国市長の腐敗を調査

重大な規律違反の疑い

9月10日、中国共産党の中央規律委員会は、天津市の黄興国市長(写真)が「重大な規律違反」の疑いで調査を受けていると発表した。昨年4月撮影(2016年 ロイター/China Stringer Network)

[北京 10日 ロイター] - 中国共産党の中央規律委員会は10日、天津市の黄興国市長が「重大な規律違反」の疑いで調査を受けていると発表した。

黄興国氏は2008年に天津市の市長に就任。同市の党委員会代理書記でもある。

天津市では昨年8月、倉庫で大規模爆発が起こり、約170人の犠牲者が出た。事故のあった倉庫が住宅地近くに建てられたことから犠牲者の数が膨らんだとの批判が出ていた。

天津市では尹海林副市長も規律委員会の調査を受けていることが先月明らかになった。

天津市の新聞は10日、黄興国市長が地元の学校を訪問して教員らを称賛する様子を伝えたばかりだった。

習近平国家主席が政敵を一掃するために腐敗撲滅キャンペーンを利用しているとの指摘もある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT