中国共産党、天津市黄興国市長の腐敗を調査

重大な規律違反の疑い

9月10日、中国共産党の中央規律委員会は、天津市の黄興国市長(写真)が「重大な規律違反」の疑いで調査を受けていると発表した。昨年4月撮影(2016年 ロイター/China Stringer Network)

[北京 10日 ロイター] - 中国共産党の中央規律委員会は10日、天津市の黄興国市長が「重大な規律違反」の疑いで調査を受けていると発表した。

黄興国氏は2008年に天津市の市長に就任。同市の党委員会代理書記でもある。

天津市では昨年8月、倉庫で大規模爆発が起こり、約170人の犠牲者が出た。事故のあった倉庫が住宅地近くに建てられたことから犠牲者の数が膨らんだとの批判が出ていた。

天津市では尹海林副市長も規律委員会の調査を受けていることが先月明らかになった。

天津市の新聞は10日、黄興国市長が地元の学校を訪問して教員らを称賛する様子を伝えたばかりだった。

習近平国家主席が政敵を一掃するために腐敗撲滅キャンペーンを利用しているとの指摘もある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT