中国共産党、天津市黄興国市長の腐敗を調査

重大な規律違反の疑い

9月10日、中国共産党の中央規律委員会は、天津市の黄興国市長(写真)が「重大な規律違反」の疑いで調査を受けていると発表した。昨年4月撮影(2016年 ロイター/China Stringer Network)

[北京 10日 ロイター] - 中国共産党の中央規律委員会は10日、天津市の黄興国市長が「重大な規律違反」の疑いで調査を受けていると発表した。

黄興国氏は2008年に天津市の市長に就任。同市の党委員会代理書記でもある。

天津市では昨年8月、倉庫で大規模爆発が起こり、約170人の犠牲者が出た。事故のあった倉庫が住宅地近くに建てられたことから犠牲者の数が膨らんだとの批判が出ていた。

天津市では尹海林副市長も規律委員会の調査を受けていることが先月明らかになった。

天津市の新聞は10日、黄興国市長が地元の学校を訪問して教員らを称賛する様子を伝えたばかりだった。

習近平国家主席が政敵を一掃するために腐敗撲滅キャンペーンを利用しているとの指摘もある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT