関西電力、値上げ認可でも大幅赤字か

原発再稼働次第で“再値上げ"申請も

たとえば、原価算定の14年3月期からの3年間に改定される液化天然ガス(LNG)の購入価格について、最初の2年間は一般電気事業者で最も安い価格(トップランナー価格)、3年目は米国からのシェールガス輸入開始を見込み、天然ガス価格リンクを一部反映した価格を織り込むなどしている。

3期連続赤字避けるため、“再値上げ”も

最大の不確定要因は、原価算定の前提として、7月と織り込んだ高浜原発の3、4号機の再稼働の見通しが立っていないこと。

3月26日に開かれた関西電力の定例会見で、八木誠社長(写真、右から2人目)は「(7月からの再稼働は)現実的には厳しい」と認めた。高浜原発が稼働しない場合、代替の火力燃料費などで、年間1400億円のコスト増となる。

関電は3月に決算期末を迎えた前2012年度について、連結純損失2650億円と過去最大の赤字に陥るとの見通しを公表している。同じ会見で八木社長は「3期連続の赤字は何とか回避したい」と語っており、原発の再稼働状況や効率化の進展次第では、再値上げの申請が現実味を帯びる。

だが、その場合でも、効率化などへの経営姿勢をさらに厳しく問われるのは必至。黒字化への道のりは険しく、13年度も大幅赤字が続く可能性が残る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT