絶好調「マリコン」は、なぜ大型船を造るのか

ゼネコン業界は、海の仕事も旺盛だ

東洋建設が40億円超を投資する大型自航式多目的船「オーガスト エクスプローラー」

南北に迷走した台風10号など、8月はいくつもの台風が日本列島を襲った。こうした悪天候は建設業界にとっては厳しい環境だ。屋外作業が大半の建設現場では工事を進めることができず、特に港湾整備など海での工事を得意とするマリコン(海洋土木企業)にとっては大打撃となる。

そんなマリコンが今、新たな大型船を相次ぎ導入し始めている。

最大手の五洋建設は今夏、多目的起重機(クレーン)船の建造に着手した。投資額は110億円超、2018年9月の完成を予定している。自己昇降式の作業台を備え、800トンの吊上げ能力を持つ大型クレーンも搭載。荒天時の波の影響を減らし、5~6メガワットクラスの風車の基礎の施工や設置作業を行うことができる。長い4本のレグ(船の足の部分)が船体を固定するため、水深50メートル程度の海底が深い場所での作業も可能だ。

需要拡大に備えて積極投資へ

五洋建設が建造中の多目的起重機船。洋上風力の工事需要拡大を狙っている

五洋建設は2014年にも、大型ポンプ浚渫(しゅんせつ=港湾や河川の底面から土砂を取り除くこと)船「カシオペア ファイブ」を新造している。カシオペアは東南アジアをはじめ海外での大型海上土木工事がターゲットだったが、今回の多目的船の狙いは国内を中心とした洋上風力の設置工事。洋上風力を主なターゲットとした船舶の建造は初めてだ。

大金を投じて作業船を造るからには、完成後に一定の稼働状態を確保する必要がある。それだけの工事の需要が見込めるのか。

次ページ工事の需要はあるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。