個人投資家が本格回帰、日本株は底上げへ

株価急騰の不動産関連株、目先は注意を

日経平均株価の上昇トレンド継続の条件として注目している、25日移動平均線の維持は、昨年11月16日以来、営業日ベースで78日連続となった(3月15日終値時点)。三菱UFJモルガンスタンレー証券の調べによると、1990年以降、25日線連続キープの最長は99日(2005年5月27日~10月18日)。

仮に今回この日数に並べば、日経平均は4月16日まで25日線を上回り続けるということになるようだ。

米国株式市場には「Sell in May(5月は株を売れ)」という相場格言もあり、日本もゴールデンウイーク前後を境に相場が変調を来す傾向がある。逆にいえば、それまでは基本的に強気スタンスでよいのかもしれない。

ただ25日線との乖離率は、3月15日時点で7.5%まで広がっている。同線を割り込むまではいかなくても、乖離率を縮める形での短期調整はいつ起きてもおかしくはない。仮に5%の下落になったとしたら、日経平均の値幅にして600円程度の下落となるので、それなりにインパクトがある。

次ページ特に不動産関連銘柄は好調だが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。