「LINEいじめ」が職場でも起こってしまう理由

気を付けないとパワハラ、セクハラの温床に

Cさんの勤める会社では再発防止に向けて、あえて社内で「取引先その他これと準ずる相手との個人的なメールアドレス、LINE、フェイスブックその他SNS等の連絡の交換をしてはならない」というルールを作ったそうです。これに対しCさんは「断りやすくなりました。なんせ会社の規則ですから」と安堵の表情を浮かべていました。

LINEいじめは立派なハラスメントです

LINEはプライベートに限らず、仕事のうえでも使い方を誤ると思わぬトラブルに発展してしまいます。

社内では特に上司は使い方に気をつけねばなりません。部下との信頼関係を築いていない状態で「あいつもわかってくれているだろう」といった思い込みで一方的にコミュニケーションをとると行き違いが生まれ、まわりから見れば立派なパワハラやセクハラに発展している可能性があるのです。

また、社内のコミュニケーションツールとしてLINEグループ等を利用する場合には「勤務時間外は使わない」「事務連絡以外は使用しない」「個別のやり取りはしない」など一定のルールを決めてから利用するとよいでしょう。

その他、社外、特に力関係がハッキリとしてしまう取引先等とのトラブルは会社として回避する手段を講じておくことが望ましいです。「業務用のスマホを支給し、LINE等のインストールを禁止する」やCさんの会社のように「会社の規則で禁止する」ことも有効です。

いまだ各種のハラスメントは職場において増加傾向にあります。ただ、認識しておいて頂きたいのは、思い悩んでいる本人以上に、会社はハラスメントに対して真剣に考えているということです。今回、テーマとしたLINEに関連したトラブルに関わらず、ご自身のまわりでハラスメントが発生した場合にはまずは会社のハラスメント相談窓口に相談する手があります。

加害者が社長のケースなど、どうしても相談しづらいような場合には、労働局や労働基準監督署内に設置されている総合労働相談コーナー等に相談することもできます。1人で我慢して、気づいた時にはメンタル不全で休職を余儀なくされたり、退職に追い込まれてしまったりする前に、周りに相談すると良いでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。