ベアリングカルテルの懲りない面々

40年前と同じ構図、大手3社に行政処分へ

自動車や飛行機、工作機械、家電などの回転部分に組み込まれるベアリング(軸受け)。「産業のコメ」とも呼ばれ、年間4000億円の国内市場を形成するこの業界には、積年の“病巣”がある。

公正取引委員会は3月8日までに、独占禁止法違反(不当な取引制限)でベアリング大手の日本精工、NTN、不二越の3社に、合計で約130億円の課徴金納付命令ととともに再発防止を求める排除措置命令に関する事前通知を行った。3月中にも処分を正式決定する。

処分対象の3社に同じく大手のジェイテクトを加えた4社は、ベアリングの価格を企業間の話し合いで決めて不当に利益を上げる、いわゆる「価格カルテル」を形成。2004年ごろから10年までの5回にわたって、4社で申し合わせたうえでベアリングを値上げしたとされる。公取委はこのうち5回目の値上げ行為について、「課徴金減免制度」に基づき事前申告したジェイテクトを除く3社を、昨年6月に刑事告発した。

関与者には有罪判決と罰金刑も

不二越と日本精工の元役員らには、すでに執行猶予付きの有罪判決が下され、不二越に1億8000万円、日本精工には3億8000万円の罰金も科された(NTNの公判はまだ始まっていない)。

モノづくり日本を支える重要産業に入った行政のメス。しかし、これは「いつか見た光景」でもある。

次ページベアリング業界が抱える構造問題とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT