カッコよさがすべて、バーニーズNYの神髄

クリスピー・クリーム・ドーナッツ出身、上田谷社長に聞く

――クリスピー・クリーム・ドーナッツに未練はなかったんでしょうか?

正直ありました。今でもそうですけど、クリスピー・クリーム・ドーナッツも業績は好調ですし、信頼できる仲間もいてすごく思い入れがあった。これまで他からオファーがあっても、全く興味ないと断っていました。ただ、バーニーズのお話をいただいた時は「とりあえず話を聞いてみます」ってヘッドハンターに言っちゃったぐらい、自分はバーニーズが好きだったんですね。その魅力は、正直ありました。

それがきっかけで株主の住友商事と話しているうちに、どんどんのめりこむようになった。現在、クリスピー・クリーム・ドーナッツの社長をやっている岡田光太郎さんは本当に信頼できる人間で、後任にバトンタッチできる環境も運の良いことに訪れた。その両方の理由で移ることができました。

最大の褒め言葉は“カッコいい”

――バーニーズは上田谷さんにとってどんなブランドか教えてください。

バーニーズはぼくにとって常に新しいファッションスタイルを提案するリテールブランド。常にカッコいい。バーニーズにとって最大のほめ言葉は“カッコいい”なんですね。カッコいいか、カッコ悪いかで全ての価値観を判断する。やっぱりファッションも保守的過ぎるとカッコ悪いし、あとは人に親切じゃなきゃカッコ悪い。仕事ができなくてもカッコ悪い。プロフェッショナリズムとか倫理観とか全部を含めてそうなんです。

バーニーズは同じものにしがみつかないで、常に新しいものに率先して飛びついて提案していく。そういうブランドです。だから、僕らがいまみんなで言っているのは「日本をカッコよくする」っていうのが目標です。大きく出てるんですけど(笑)。

自分たちもカッコよくなって、お客様もカッコよくして、そういうカッコよさを周りに広めて、「日本ってカッコいいな」って言わせようと。そういう意味で僕ら自身が毎日毎日カッコよく楽しもうとやっています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。