最新!連続減益「ワースト130社」ランキング

最長は6年連続!赤字会社の姿も目立つ

営業利益の縮小傾向は売り上げ減よりも深刻です(写真:TAKA / PIXTA)

企業にとって利益を出すのは至上命題だ。いくら売上高を稼いでも利益を残さなければ経営を存続させられない。基本は営業利益。いわゆる「本業の儲け」だ。

東洋経済オンラインは営業利益を伸ばし続けている会社に着目して、「最新!『連続増益トップ260社』ランキング」を8月17日に配信したが、今度は逆に営業利益を減らし続けている会社のランキングを紹介する。約3600社の上場企業すべてを網羅している『会社四季報』(2016年夏号発売中)で集計したデータを活用。昨年も同じ切り口のランキングを紹介したが、今回はその最新版となる。

上位には消費者に身近な有名企業もチラホラ

『会社四季報』には上場企業の財務・業績や平均年収などの各種データが満載。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

直近本決算までに営業利益が過去3年以上にわたって連続して減っている約130社(上場企業全体の約3%)が対象で、直近決算の売上高、業種名、設立年なども併記した。最長年数は6年で三井造船クラウディアの2社。三井造船は三井系の造船・重機大手。船舶用エンジンで国内首位の会社だ。クラウディアはウェディングドレスメーカーで、結婚式場の運営などもしている。

5年連続で営業減益となった会社の中にはニッセンホールディングスオリコンなど、4年以上だと日本マクドナルドホールホールディングスニチイ学館シダックスラウンドワンB-R サーティワン アイスクリームなど、消費者に身近な有名企業も入っている。5年以上の連続減益は15社で昨年ランキングの22社から7社減少した。

短期的には仮に売り上げが伸びなくても、うまくコストをコントロールすれば営業利益を増やせる。本ランキング上位企業には本業で儲けが出ていない営業赤字の会社もチラホラと見受けられ、業績が低迷、停滞しているという傾向がクッキリとみえる。 

次ページまずはワースト50社!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT