ジブリもピクサーも、「パズドラ」のライバル

ガンホー森下社長が語った開発の裏側(下)

もともとがマイナスからのスタート

――(ソフトバンク孫正義社長の弟でガンホーの大株主でもある)孫泰蔵会長は現在どのような立場でガンホーにかかわっていますか?

経営には直接かかわっていません。基本的には僕一人で全体を見ています。創業の頃から孫さんは「ガンホーは森下の会社だから自分が口を出すことはない」と言っていました。

ガンホーの生い立ちは少し複雑です。もともと3人で会社を起こして家庭用ゲーム機向けの受託開発を行っていたところ、大口顧客だったセガが家庭用ゲーム機(ドリームキャスト)から撤退(01年)したことで業績が厳しくなり、会社を売却しました。当時は家庭用ゲーム機に依存しすぎていたので、プラットフォームに依存しないオープンなマーケットという観点から、パソコン向けにはあまり興味はなかったのですが、パソコン向けオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」を自分でプロデュースし、新たに会社を作ろうと決めました。

そのときは日本の大手ゲームメーカーから出資してもらうつもりだったのですが、当時、ソフトバンクにいた孫泰蔵さんとたまたま知り合って、オンセールという休眠会社を使ってくれないかと打診されました。もともとはニューマネーで会社を起こすつもりだったので4回くらい断ったんですが、結果的に引き受けてしまいました。債務を抱えた会社でマイナスからのスタートですから、「ドM」もいいところですよね(笑)。

そうした経緯もあり、孫泰蔵さんは会長でありながら、いち安定株主にとどまり、経営には口を出すことはありません。

次ページ今後、株価が大きく下がったら?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。