「ポケモンGO」、ブラジルでも配信スタート

リオ五輪開幕直前を狙ったリリース?

 8月3日、「ポケモンGO」の開発・配信を手掛ける米ゲーム会社ナイアンティックは3日、リオデジャネイロ五輪の開幕を5日に控えるブラジルでの配信を開始したと発表した。リオデジャネイロで3日撮影(2016年 ロイター/Edgard Garrido)

[リオデジャナイロ 3日 ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の開発・配信を手掛ける米ゲーム会社ナイアンティックは3日、リオデジャネイロ五輪の開幕を5日に控えるブラジルでの配信を開始したと発表した。

配信が始まったのは中南米の全域。ナイアンティックは先に、ブラジルでの配信に向けて取り組んでいるとツイッターに投稿していた。

ただ、これまで配信された国でゲーム利用者が強盗被害などに遭った例もあることから、景気低迷で犯罪率が高まっているブラジル国内で、利用者が安全に遊べるのかとの懸念も一部で出ている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。