インドの中古車市場を「ゼロ」から創った男

日本を抜いて「世界3位」の自動車大国へ

インドは2018〜19年に日本を抜き自動車の販売台数で世界3位へ。そのインドの中古車市場をゼロから創った男がいる。それがドゥルーム社のアガルワルCEOだ

インドの自動車市場が急成長している。毎年10%の成長が続き、2020年を迎える前に、自動車の新車販売台数は600万台規模になることが確実だ。このまま行けば、同国は2018年~2019年には日本を抜き、世界第3位の自動車大国になる。当然ながら中古車市場も拡大中。2012年以降は中古車販売台数が新車販売台数を上回り、中古マーケットにもグンと厚みが増してきた。 

ドゥルーム(droom)社は、その中で急成長する同国最大の「オンライン中古車マーケットプレイス運営業者」だ。

車はもちろん、バイクの新・中古車の売買もオンラインで完結できるプラットフォーム企業である。修理などのサービスも受け付ける。同社は2014年11月にサービスを開始したにもかかわらず、今年の流通総額は200億円規模、2017年には一気に600億~700億円に達する勢いだ(2輪車含む)。

同社には日本の上場会社であるBEENOSなどが出資しているが、「カオス」とも言われる同国の中古車市場で、なぜ消費者の信頼を勝ち取り、急成長しているのか。来日した創業者兼CEOである、サンディープ・アガルワル氏に話を聞いた。

インド中古車の80%はメーターがいじられている

インドの中古車市場は、つい最近までは、星の数ほどもあるようなカーディーラーやブローカーがひしめきあい、不透明な取引で消費者が泣きを見るのが当たり前というひどい市場だった。現在も、そうした側面はまだ色濃く残っているという。

ドゥルーム社のトップページ。自動車だけでなくバイクの新・中古車の売買もオンラインで完結できる

買い手の立場からすれば、信頼性が欠如しているので、本当に動くのか?から始まり、盗難車ではないのか、正規のパーツで構成されているのか、データ改ざんはないかなど、「あまりに多くのことを心配しなければならない」(アガルワル氏)わけだ。

例えば「データ改ざん」で典型的なのは、距離メーターに手を加えデータをいじることだ。同国では、なんと約80%の中古車はメーターがいじられているというから、これは厄介だ。

次ページドゥルーム社の革新的な取り組みとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。