イギリス首相、原発建設の再検討を表明

中国との関係強化は継続

 8月1日、メイ英首相(写真)の報道官は、英国は中国との関係を引き続き強化していくとの方針を示した。7月撮影(2016年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 1日 ロイター] - メイ英首相の報道官は1日、英国は中国との関係を引き続き強化していくとの方針を示した。首相は先週、サマセット州ヒンクリーポイントの原発新設計画について、プロジェクトの最終決定を遅らせる方針を明らかにした。

広報担当者は「世界情勢、世界経済、国際問題の全範囲において中国が果たすべき役割を考慮しながら、われわれは同国との強い関係を引き続き目指していく」と述べた。

原発建設は英国では数十年ぶりのことで、240億ドルが投じられる見通し。フランス電力(EDF)<EDF.PA>が建設し、中国国有の中国広核集団(CGN)などが出資する予定だ。キャメロン前首相が推進していたが、関係筋によるとメイ首相は中国企業の出資に伴う安全保障上の問題を懸念しており、7月29日、調印式の数時間前というタイミングでプロジェクト再検討を表明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT