東武にも影響?日光を目指した幻の電鉄計画

取り消された路線免許を「国に盾突いて」復活

画像を拡大
巣鴨駅付近を走る山手線。東京日光電鉄の東京ターミナルは同駅近くに設置されるはずだった(写真:ニングル / PIXTA)

東京日光電鉄は、その名の通り現在の東京都と栃木県日光市を結ぶはずだった、幻の鉄路だ。大正期の1921年4月、発起人グループが地方鉄道法に基づく営業許可(地方鉄道免許)を申請し、1923年7月19日に免許が下りた。東京側のターミナルは現在の山手線巣鴨駅付近に置き、岩槻や栗橋、栃木、宇都宮を経て日光に至る、全長81.7マイル(約131.5km)の計画だった。

当時の地方鉄道法に基づく手続きでは、免許に続いて工事計画(工事施行認可)の申請を行う必要があり、その期限が免許時に設定された。この期限内に工事施行認可の申請書を提出しなければ、免許が取り消されてしまう。東京日光電鉄の場合、申請期限は免許交付日から1年後(1924年)だったが、100km以上の工事計画をまとめるには相当な時間がかかる。しかも、免許取得から1カ月半後には関東大震災が発生。当初の期限までに申請するのは困難な状況になった。

そこで東京日光電鉄の発起人らは1924年6月、申請期限を1925年7月まで延長するよう申請する。ところが、当時の私鉄監督行政を担っていた鉄道省は申請期限の延長を却下。これにより東京日光電鉄は申請期限切れとなり、1924年9月2日付で免許が失効してしまった。

裁判で取り戻した路線免許

当時の鉄道大臣だった仙石貢は、申請期限の延長を繰り返すなどして鉄道計画を「塩漬け」にしていた起業家らに対し、免許を取り消すといった厳しい姿勢で臨んでいた。いつまでたっても実現しない鉄道計画が有効な状態だと、沿線の開発計画などをまとめるのに支障を来すためだ。東京日光電鉄についても実現の見通しが立たない計画と断じ、震災復興事業にも支障するなどとして延長を却下したという。

こうして東京日光電鉄は幻の鉄路になった……はずであったが、発起人は「震災というやむを得ない事情があるのに、期限延長を却下するのは不当」などとし、裁判に打って出た。さらに、免許失効から1カ月後の10月8日には地方鉄道免許の再申請も行い、二段構えで鉄道省にくってかかった。

免許の再申請は翌1925年4月に却下されたが、裁判の方はその後も続き、1929年3月には却下処分を取り消すとした判決が下った。こうして東京日光電鉄の免許は効力を復帰。巣鴨~日光間を結ぶ幻の鉄路が「復活」した。

一度は取り消された免許が「復活」したのは戦前戦後を通じ、これ一回きりのようだ。当時の鉄道行政も多少は混乱したに違いない。免許「復活」から数カ月後に刊行された『地方鉄道軌道一覧』にしても、各事業者の掲載ページの割り振りが終わった後で東京日光電鉄が「復活」してしまい、やむを得ず沖縄県営鉄道の次のページに押し込んだように思える。

次ページ東武の進出で再び幻に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT