スクエニ、黄金タッグの誤算

12年度決算は合併後最悪水準に

アミューズメント機器は、12年6月に発売した「超速変形ジャイロゼッター」が最大の誤算となった。車がロボットに変身した形状の筐体で、車の運転やロボット同士の対戦ができる挑戦的な製品だったが、認知度が高まらず機器販売、運営収入ともに振るわなかった。

予断許さない営業赤字への転落

問題は残る第4四半期だ。

2月にニンテンドー3DS向けに発売した「ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち」が想定を超えるスピードで100万本を突破したことは明るい材料。12年11月からグリー向けに「ファイナルファンタジー アートニクス」を提供しており、ソーシャルゲームの課金収入拡大も期待できそうだ。13年3月欧米向けに投入する「トゥームレイダー」で400万本強の初期出荷販売を見込む。

だが、「トゥームレイダー」については既に今期2作の大型タイトルが空振りに終わっているため、楽観視できない。欧米のパッケージゲーム市場は、アクティビジョンの「コールオブドゥーティ」、マイクロソフトの「ヘイロー」、ユービーアイソフトの「アサシンクリード」など大型タイトルの寡占化が顕著に進んでおり、その影響は免れない。

日本勢として期待されたカプコンの「バイオハザード6」(12年10月)も、当初計画から下振れを余儀なくされている。

来期満を持して投入する新生「ファイナルファンタジー14」
 
ファイナルファンタジーXIV
© 2010-2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

通期計画の達成には、第3四半期まで赤字が残る主力のゲーム関連のセグメントで第4四半期に142億円の営業利益を稼ぎ出す計算になるが、その牽引役は見当たらない。通期で損益トントンを目指すアミューズメント事業については、「超速変形ジャイロゼッター」の改善が望めず、営業赤字で着地する公算だ。

第4四半期が、スクエニの想定通りにいかず苦戦を強いられ、仮に通期で営業赤字となれば、スクウェアとエニックスが合併した03年4月以来初めてとなる。最終赤字となれば、「ファイナルファンタジー14」の躓きにより大型特損を計上した11年3月期以来で、合併後2回目となる。

次ページ会社計画の達成可能性は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT