コマツの「ジョイ社3000億円買収」は割安だ

なぜ今が「逆張り」M&Aの好機なのか

コマツの大橋社長は「今が好機と判断した」と語った(写真は2015年12月ラウンドテーブル。撮影:今井康一)

ジョイ社の強みとされるのが、主要な資源メジャーを含む、堅固な顧客基盤だ。自社の営業人員を使った「直販・直サ(サービス)」体制の下で、顧客に密着。本体の機械よりも利益率の高い部品・サービス事業が売上高全体の7割強を占めている。これが高い利益率を維持できる秘密であり、ジョイ社は厳しい環境下でも着実にキャッシュフローを創出してきた。市場回復で本領を発揮すれば、コマツ全体の利益率アップにも貢献しそうだ。

コマツが推進するICT建機による「スマートコンストラクション」でも、ジョイ社との協業が見込まれる。コマツは鉱山採掘現場において、無人ダンプトラックの運行システムをすでに展開するなど、IoT(モノのインターネット化)活用を強化している。同様にジョイ社もIoTの導入に取り組んでおり、将来的にシステムを統合していくことで現場データを大幅に拡充でき、生産性向上を顧客にアピールする大きな武器となりうる。

今回の買収発表後、初の取引となった7月22日金曜日の東京株式市場では、コマツ株は一時、年初来高値を更新したものの、その後は伸び悩み、終値は前日比14.5円安の2067円となった。

カギは需要回復とシナジー創出

結局のところ、買収の成否は、鉱山機械需要の回復、両社の営業基盤のシナジー効果にかかる。買収手続きがスムーズに進めば、ジョイ社は2017年度の上期半ば、もしくは下期からコマツの連結業績へ貢献が始まる。コマツの想定通り、2017年度から需要が上向けば、ジョイ社には10~15%程度の営業利益率をたたき出す実力はあり、コマツ全体の利益率にもプラスの効果をもたらす可能性が高い(ただし、のれん償却費用は除く)。

反面、中国リスクの再燃や鉱物価格の低迷などによって、資源メジャーの新規投資抑制が長引き、需要が想定通り回復しなければ、買収が業績の足を引っ張るリスクともなりかねない。

また外国企業の買収には、統合プロセスなどで困難がつきまとう。コマツは買収後も、ジョイ社のブランドや営業体制は維持する方針だが、組織と業務の改善のために両社がいかに協力し、シナジー効果をどこまで高めていけるか。グローバル感覚に定評のある、大橋社長の手腕が問われることになるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT