ポケモンGO、タクシー運転手が新サービス

メキシコの運転手がアイデア商売

 7月15日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の人気沸騰に目を付け、メキシコのタクシー運転手が「ポケモン・ハンター」と名付けたポケモン探しサービスを始めた。すでに20件以上の配車依頼が寄せられている。写真はニューヨークで11日撮影(2016年 ロイター/Mark Kauzlarich)

[メキシコ市 15日 ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の人気沸騰に目を付け、メキシコのタクシー運転手が11日から「ポケモン・ハンター」と名付けたサービスを始めた。すでに20件以上の配車依頼が寄せられている。

「ポケモンGO」は、プレーヤーが現実世界を実際に徒歩や車で移動しながらポケモンのキャラクターを探す。

ベラクルーズでタクシーを運転するエミリオ・カチョさん(29)はここに目を付け、プレーヤーを乗せてポケモン探しを行うサービスを始めた。ゲームアプリはメキシコではまだ公開されていないが、一部利用者がアクセス方法を見つけているという。

ポケモン探しの最初の1時間の料金は130ペソ(約750円)、以後1時間ごとに100ペソを課金するという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。