ポケモンGO、タクシー運転手が新サービス

メキシコの運転手がアイデア商売

 7月15日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の人気沸騰に目を付け、メキシコのタクシー運転手が「ポケモン・ハンター」と名付けたポケモン探しサービスを始めた。すでに20件以上の配車依頼が寄せられている。写真はニューヨークで11日撮影(2016年 ロイター/Mark Kauzlarich)

[メキシコ市 15日 ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の人気沸騰に目を付け、メキシコのタクシー運転手が11日から「ポケモン・ハンター」と名付けたサービスを始めた。すでに20件以上の配車依頼が寄せられている。

「ポケモンGO」は、プレーヤーが現実世界を実際に徒歩や車で移動しながらポケモンのキャラクターを探す。

ベラクルーズでタクシーを運転するエミリオ・カチョさん(29)はここに目を付け、プレーヤーを乗せてポケモン探しを行うサービスを始めた。ゲームアプリはメキシコではまだ公開されていないが、一部利用者がアクセス方法を見つけているという。

ポケモン探しの最初の1時間の料金は130ペソ(約750円)、以後1時間ごとに100ペソを課金するという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT