楠木建「すべては好き嫌いから始まる」

今の日本に必要なのは「矢印のリーダー」だ

これからは非常にいい時代

「矢印のリーダー」は今後増えてくるはずだ。必要は発明の母。世の中がそういう人を必要としている。その意味で、これからは非常にいい時代だと思う。本当のリーダーが必要になってきて、そういう人が世の中を動かしていく。

時間的な順序で言うと、まずスキルをつけてから、やりたいことを探す人もいるが、それは順序が逆だ。それよりも、「こういう商売をやりたい」という意気込みで商売づくりに取り組めば、マーケティングやらファイナンスやら、自然といろんなスキルを身に付けざるをえない。どうしても自分ができないところは、誰かほかの人に補ってもらえばいい。

自分の好き嫌いを抽象化して本質をつかむことによって現実の仕事と折り合いをつける。それに忠実に「こんな商売をやりたい」と提案する。すぐには難しくても、いろいろと会社の中で動いてみて、一生懸命場をつくる。それでも、どうしても理解を得られず、資源を獲得できなければ、「ダメだこりゃ」。そのときは会社を辞めて、転職するなり、起業するなりすればいい。

本当は、多くの人が「自分は、三角形より矢印が向いている」と思っているはずなのに、そのモデルがないので、ついつい既存の三角形に引き寄せられてしまっている。

日本の青春期には、「矢印のリーダー」がいっぱいいた。小林一三だって、本田宗一郎だって、松下幸之助だってみんなそう。「矢印のリーダー」はたとえ失敗しても、好きなことをしているので、報われる。定義からして「負け」がない。それがすばらしいところだ。

(撮影:今井康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT