米国では銀貨が過去最高の売れ行き

急騰後、調整中の銀価格はどうなるか

1月29日に米国造幣局は、2013年版アメリカン・イーグル銀貨の単月販売量が7.1百万トロイオンス(約221トン)に達し、11年1月に記録した、単月ベースの最多販売数量6.4百万トロイオンスを上回ったことを発表した。

なぜイーグル銀貨は過去最高の売れ行きなのか

左のグラフをご覧いただきたい。08年9月のリーマンショック以降、米国におけるアメリカン・イーグル銀貨の販売量は、飛躍的に伸びている。10年から12年までの3年間は年間の販売数量が1000トンを超え、銀価格上昇の要因として、ETFとともに存在感を示している。その主たる背景として挙げられるのは、自国通貨ドルに対する信認低下である。だが、それだけでは銀貨にこれほどまでに、人気が集まることの理由にはならない。

このコラムでは、米国における銀の位置づけに焦点を当てることで、銀市場の先行きを考えてみたい。

実は、米国には、銀価格を押し上げてきた歴史があるのだ。

次ページ銀の歴史をひもといてみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT