米国では銀貨が過去最高の売れ行き

急騰後、調整中の銀価格はどうなるか

1月29日に米国造幣局は、2013年版アメリカン・イーグル銀貨の単月販売量が7.1百万トロイオンス(約221トン)に達し、11年1月に記録した、単月ベースの最多販売数量6.4百万トロイオンスを上回ったことを発表した。

なぜイーグル銀貨は過去最高の売れ行きなのか

左のグラフをご覧いただきたい。08年9月のリーマンショック以降、米国におけるアメリカン・イーグル銀貨の販売量は、飛躍的に伸びている。10年から12年までの3年間は年間の販売数量が1000トンを超え、銀価格上昇の要因として、ETFとともに存在感を示している。その主たる背景として挙げられるのは、自国通貨ドルに対する信認低下である。だが、それだけでは銀貨にこれほどまでに、人気が集まることの理由にはならない。

このコラムでは、米国における銀の位置づけに焦点を当てることで、銀市場の先行きを考えてみたい。

実は、米国には、銀価格を押し上げてきた歴史があるのだ。

次ページ銀の歴史をひもといてみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT