米国では銀貨が過去最高の売れ行き

急騰後、調整中の銀価格はどうなるか

1月29日に米国造幣局は、2013年版アメリカン・イーグル銀貨の単月販売量が7.1百万トロイオンス(約221トン)に達し、11年1月に記録した、単月ベースの最多販売数量6.4百万トロイオンスを上回ったことを発表した。

なぜイーグル銀貨は過去最高の売れ行きなのか

左のグラフをご覧いただきたい。08年9月のリーマンショック以降、米国におけるアメリカン・イーグル銀貨の販売量は、飛躍的に伸びている。10年から12年までの3年間は年間の販売数量が1000トンを超え、銀価格上昇の要因として、ETFとともに存在感を示している。その主たる背景として挙げられるのは、自国通貨ドルに対する信認低下である。だが、それだけでは銀貨にこれほどまでに、人気が集まることの理由にはならない。

このコラムでは、米国における銀の位置づけに焦点を当てることで、銀市場の先行きを考えてみたい。

実は、米国には、銀価格を押し上げてきた歴史があるのだ。

次ページ銀の歴史をひもといてみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。