米国では銀貨が過去最高の売れ行き

急騰後、調整中の銀価格はどうなるか

1月29日に米国造幣局は、2013年版アメリカン・イーグル銀貨の単月販売量が7.1百万トロイオンス(約221トン)に達し、11年1月に記録した、単月ベースの最多販売数量6.4百万トロイオンスを上回ったことを発表した。

なぜイーグル銀貨は過去最高の売れ行きなのか

左のグラフをご覧いただきたい。08年9月のリーマンショック以降、米国におけるアメリカン・イーグル銀貨の販売量は、飛躍的に伸びている。10年から12年までの3年間は年間の販売数量が1000トンを超え、銀価格上昇の要因として、ETFとともに存在感を示している。その主たる背景として挙げられるのは、自国通貨ドルに対する信認低下である。だが、それだけでは銀貨にこれほどまでに、人気が集まることの理由にはならない。

このコラムでは、米国における銀の位置づけに焦点を当てることで、銀市場の先行きを考えてみたい。

実は、米国には、銀価格を押し上げてきた歴史があるのだ。

次ページ銀の歴史をひもといてみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。