日本は「ヘリコプターマネー」の実験場に?

米国は原爆のように世紀の大実験をするのか

その天才科学者とは、日本に最大のダメージを与えるため、原爆は京都に落とせと主張したノイマンだ。ノイマンはその後もコンピュータ開発など、米国の国益に貢献した。

ふと思ったのは、バーナンキ氏はオッペンハイマーなのか、ノイマンなのか、ということだ。

整理しておくと、バーナンキ前議長は2002年9月に理事としてFRBに入ってから、ヘリコプターマネーについて公式に触れたのは実はたった一度きりだ(同年11月)。2006年2月にFRB議長になってからはヘリコプターマネーを封印している。学者なら自分の考えを言えるが、公職の立場では別。ましてやヘリコプターマネーは、まさに原爆のような世の中を変えてしまうような話。でも今のジャブジャブな市場は既に先走っている。

参院選前、自民党は共産党を含む野党連携を野合と非難、与党候補は街頭演説で「日本経済の大事な舵取りを民共に任せていいのか」と叫んでいた。“民共”には、 資本主義を否定する響きを感じる。だが、もしヘリコプターマネーを導入するなら、それこそ資本主義の根幹を否定することにならないのだろうか。

米国でヘリコプターマネーが「無理」な理由とは?

筆者はストラテジストとして、米国の政治経済を観る立場にある。よって経済の仕組みが資本主義かどうかは本題ではない。その過程で上がるモノ、下がるモノのアドバイスをするだけだ。しかし米国ではその政治経済の歴史から、ヘリコプターマネーが無理なことは確信している。なぜか。そこはFEDの金融政策にも関連するので触れておく。

そもそも米国はアダム・スミスが国富論を発行した1776年に独立宣言をした国である。建国の父達は欧州で中央銀行の力が強大になり、一部のカルテルによる富の支配が確立するなか、米国での金融のあり方で意見が二分していた。皆が金融の魔力を警戒したのは同じ。ただそれでも中央銀行は必要だと考えたアレキサンダー・ハミルトン(初代財務長官)と、米国に中央銀行はいらないと主張したトマス・ジェファーソン(第3代大統領)からアンドリュー・ジャクソン(第7代大統領)一派が対立した。

結局、ジャクソン大統領は断片的に存在した中央銀行を完全に廃止した(1833年)。その後、米国は1914年にFEDが出来るまで、約80年間に渡り中央銀行が存在しない時代に突入する。この間、株式相場の大暴落は10回。当時の欧州株式のチャートと比べても、米国株の低迷は際立っている。しかしこの間に、バンダービルドの海運・鉄道、ロックフェラーの石油、カーネギーの鉄、JPモルガンの銀行、そして資本金がなかったフォードが、自分で造った車で賞金レースに勝ち、会社を興した。

次ページハミルトンとジャクソンの対立が再現した
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。