プリウスとフェラーリが闘うGTレースの魅力

ゴチャゴチャ言わずサーキットへ出かけよう

国内サーキットの様子が変わりつつあることを知っていますか?

GQはモータースポーツを応援する。ジェントルマンたちよ、サーキットに出かけてみないか?

サーキットに出かけてモータースポーツを応援しよう

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

最近、国内サーキットの様子が変わりつつあることをご存じだろうか? とりわけ、その傾向が明らかなのが、日本のレースシリーズでもっとも多くの観客を集めるスーパーGT。華やいだ雰囲気で、以前に比べると来場する客層にも微妙な変化が見受けられる。

グッドスマイル 初音ミク AMG

その最大の理由は、輸入車メーカーを中心とするプレミアムブランドがスーパーGTに数多く参戦するようになったことにある。それも、モータースポーツといえば忘れることのできないスポーツカーメーカーのポルシェやフェラーリだけでなく、メルセデス・ベンツ、アウディ、BMW、ランボルギーニなどが顔を揃え、毎戦、激しい火花を散らしているのだからたまらない。

実は、これらのメーカーはGT3と呼ばれる世界共通の規則にしたがってレーシングカーを開発。このGT3車両がスーパーGTのGT300クラスにも参戦できることから、日本でもヨーロッパのスポーツカーメーカーやプレミアムブランドによる大激突が繰り広げられるようになったのだ。

次ページ日本車メーカーも参戦
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。