プリウスとフェラーリが闘うGTレースの魅力

ゴチャゴチャ言わずサーキットへ出かけよう

もうひとつ、スーパーGTで見応えのあるのが、GT300の上級クラスにあたるGT500の戦い。こちらに出場しているのはレクサス(RC-F)、ニッサン(GT-R)、ホンダ(NSX)の3ブランドだけれども、GT3よりもはるかに幅広い改造が許されていて、それこそGT3勢を蹴散らすような勢いでサーキットを走り抜けていく。

いっぽうで蹴散らされる側のGT3勢も自分たちのレースを精一杯戦っているものだから、同じ抜かされるにしてもなるべくロスなく抜いていって欲しい。そんな各車各様の思惑が絡み合うなかで、思わぬ順位の入れ替えがあったり、背筋の凍るようなアクシデントが起こったりする。この辺もスーパーGTの魅力であることは間違いない。

第1戦、岡山国際サーキットでの結果

リザルト:Round1 OKAYAMA

さて、そんなスーパーGTの2016年シーズンが3月9~10日に岡山国際サーキットで開幕し、GT500クラスでは昨年のチャンピオンであるMOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が快勝。KeePer TOM'S RC F(ジェームス・ロシター/平川 亮)が15秒差で2位に入る接戦を繰り広げた。

Studie BMW M6

そしてGT3勢が大挙参戦したGT300クラスではトップ5に3台のメルセデスAMG GTが食い込んだほか、2位にはBMW M6が、そして5位にはフェラーリ488GTBが滑り込むというなんともぜいたくな結果に終わった。

ただし、まだ予断は許されない。なにしろシリーズは全8戦。その獲得合計ポイントで年間チャンピオンを決める仕組みなのだ。果たして今シーズンはどんな結末が待っているのか? GQでは毎戦の模様をお知らせしていく予定なので、どうぞお楽しみに!

GT500
1. MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)
2. KeePer TOM'S RC F(ジェームス・ロシター/平川 亮)
3. S Road CRAFTSPORTS GT-R(本山 哲/千代 勝正)

GT300
1. LEON CVSTOS AMG-GT(黒澤治樹/蒲生尚弥)
2. グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)
3. Studie BMW M6(ヨルグ・ミューラー/荒 聖治)

(文:大谷 達也、写真:折原 弘之)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT