プリウスとフェラーリが闘うGTレースの魅力

ゴチャゴチャ言わずサーキットへ出かけよう

S Road CRAFTSPORTS GT-R

そんな賑やかな雰囲気に誘われるようにして、日本車メーカーでもニッサンがGT-Rを、レクサスがRCをGT300クラスに投入。

GT3車両ではないものの、同じGT300クラスにはスバルBRZ、トヨタ86、トヨタ・プリウス、さらにはロータス・エヴォーラなんて車種までエントリーしているのだから、これはサーキットに足を運ばないほうがもったいないというものである。

ただし、すでになんとなくお気づきのとおり、フェラーリ488GTBとプリウスが量産モデルのまま戦ったら、488GTBの圧勝に終わるに決まっている。でも、そうじゃない。

 

ゴチャゴチャ言わずに、たのしもう

TOYOTA PRIUS apr GT

勝敗が目に見えたレースが繰り返されても多くの人にとっては退屈なので、2000万円超えのスーパーカーと200万円台のエコカーにもそれなりにフェアな戦いができるよう、クルマの性能が加減されている。

つまり、パワフルなスーパーカーのエンジン出力を絞ったり、比較的小さな日本車がより素早くコーナーを駆け抜けられるように、いろいろな改造が認められたり、逆に制限が加えられたりしているのだ。

この辺を説明し始めると話はかなり長くなってしまうけれど、まあ、そんなの関係ないと割り切っていただいて全然構わない。とてもシンプルに、目の前を走り去るスーパーカーやプレミアムカーに声援を送り、その結果に一喜一憂する。それだけでもきっと十分に楽しい1日になるだろう。

次ページもうひとつの見どころ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT