最新旅行トレンド「九州ふっこう割」の舞台裏

続々完売、旅行会社も休日返上で対応

別府温泉の「山地獄」は大分県の人気観光地のひとつ(写真:TOMO / PIXTA)

夏休みの旅行予約がピークを迎える中、熊本地震からの観光復興に向け、国の補助で7~9月分の宿泊費などが最大7割引きになる「九州ふっこう割」が、その主役に躍り出ている。

1日に始まった旅行会社のインターネット予約サイトによる販売では、売り切れになる商品が続出。旅行会社も休日返上で窓口を開くなど対応に追われている。

高額なサービスが受けられるクーポンから続々完売

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

九州ふっこう割は、九州各県が旅行会社に割引商品の企画・販売を依頼する一方、旅行会社が割引額の一部を助成金として受け取る仕組み。割引率は熊本、大分で最大7割、その他の九州5県は最大5割となる。

ネット販売は絶好調で、予約サイト「じゃらん」では、熊本県内の旅館宿泊が2万円お得になるクーポン(先着1万セット)などが“完売”。「楽天トラベル」など他の予約サイトでも、高額な割引きサービスが受けられるクーポンから売り切れが続出している。

次ページ「これほど反応があるとは思わなかった」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。