九州新幹線が大地震から早期に復旧した理由

致命傷を負わない「最新の耐震基準」の仕組み

熊本地震の被害を受けたものの、4月中に全線の運転を再開した九州新幹線(写真:喜多 / PIXTA)

4月14日から発生した熊本地震で一時的に全線運休という状況に追い込まれた九州新幹線だが、直後には難航が予想された復旧作業は順調に進んだ。

まず4月20日には鹿児島県内の新水俣~鹿児島中央間が折り返し運転という形で復旧。続いて23日には、これも九州区間の折り返し運転という形だったが、博多~熊本間が復旧し、さらに4月27日には九州新幹線(鹿児島ルート)の全線で運転を開始し、翌28日からは臨時ダイヤで山陽新幹線への直通も再開している。

当初の直通運転は一部の『みずほ』に限定されていたが、さらに5月に入ると『みずほ』のほぼ全便が鹿児島中央に直通するようになり、また当面は「熊本折り返し」であった『さくら』の鹿児島中央への直通も始まっている。この間は、熊本を中心に徐行区間が設定されており、所要時間も30分程度の遅れが出ていた。

7月には徐行運転もほぼ解除

だが、この後、作業が順調に進めば脱線事故で損傷した「熊本~熊本総合車両所」間の時速70キロ制限を除けば、7月4日には全線で速度制限も解除でき、博多~鹿児島中央間を平常ダイヤ+数分の遅れで運行できる見通しだという。

震度7という直下型地震の直撃を受け、6両編成の800系電車の全車両が脱線するという被害を受けながら、このように比較的短期間で復旧を進めることができたのは、どうしてなのか? JR九州の兵藤公顕新幹線部長に直接話を伺った。

次ページ復旧作業のネックは「架線」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT