修羅場を経験できる「海外インターン」の魅力

ミャンマーまでの渡航・宿泊費は無料!

最終日には、影響力のある企業の現地責任者らにプレゼンをする機会が与えられ、解決策を提案していく。それは単にセレモニー的なものではなく、優れた内容であれば、企業側も実際に採用する可能性もあるという。

画像を拡大
現地でフィールドワークも経験する

異国の地に行って、解決策を見つけ出すという作業は大変だ。このため、インターンプログラムには、国内で行われる2日間の事前研修がある。これがもう一つの目玉。「優秀な子ほど、自分自身に成功パターンを持っていて否定されるのが怖い。まずその成功パターンをボロボロになるまで打ち砕く」(木村氏)。

誰しも過去の経験から、どうすれば成功できるかという、パターンを持っている。まずそれを否定、内省させる作業から始まる。参加者同士が互いの意見をぶつけ合いながら、お互いの弱さ、自分の足りなさを自覚させる。そしてそこから自分の本当の考え方や強みがどこにあるのかを発見させていくという。

「これからは期待に応えるだけでは生き抜けない。自分自信の成功体験が通用しない場所で、イノベーションといった新たな解決策を生み出せるか、それが次世代リーダーに求められている」(木村氏)。リクルートに蓄積された1万社にも及ぶ研修プログラムを仕立て直し、究極のインターンシップを作り上げている。

学歴・語学力は不問、覚悟と挑戦心があれば!

このインターシップでは、学歴や専攻、年齢だけでなく英語といった語学力も不問だ。「語学は手段にすぎない。海外で修羅場を経験するという意味では語学力はなくてもいい」(木村氏)。求められているのは、本気で成長する覚悟とチャレンジ精神だという。

今年の募集人員は30人。これに対して応募学生数は3000人にも達する見通しだ。書類選考はあるが、人物評価を重視しているため、可能な限り面接を行うという。集まる学生も多種多様。参加者も大学1年生から修士2年生までと各世代のメンバーが選ばれる。

100倍の倍率をくぐり抜けて来る学生たちだけに、優秀な学生が多いという。昨年は起業家や海外ビジネス経験者、WEBアプリのエンジニアらが企業側から参加していた。受け入れる日系企業からは「こんな優秀な学生は見たこともない」との声があがる。

そもそもこのGLIPが始まったのは3年前。持ち出しばかりのプロジェクトに、当初社内では懸念の声が強かったが、「リクルートは採用や人事戦略の支援をやっている。なら、会社のインターンシップもトップレベルのものを提供しないといけない」(木村氏)と押し切り、実施まで持って行った。

参加学生からの評価は高く、「今後の成長するきっかけをくれる場所」「就業観、価値観が変わる」といった声が相次ぐ。ただ毎年30人と体験できる人数が限られているのが少々残念なところだ。無料のインターンシップだけに規模は限られてしまうが、参加企業からは「このプログラムを商品化できないか?」「コスト負担してもいい」といった要望も出ているという。

今年のGLIPは、7月上旬にエントリーを締め切り、8月に参加者の人選を終了させるスケジュールとなっている。そして9月には次世代リーダーを目指す学生たちが、現地企業も頭を悩ます難問に挑戦するため、ミャンマーに旅立つ予定だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT