B787ショック、冷や水浴びるGSユアサ

“世界初"の航空機向けリチウムイオン電池から発煙

しかしながら、リチウムイオン電池にはリスクもある。2006年ごろに日本メーカー製のノートパソコンから発火する事故が相次いだことが、記憶にある人も少なくないだろう。「あの事故は、リチウムイオン電池の正極材に結晶構造が弱い素材が使われていたことが原因の一つ」(正極材関連メーカーの関係者)とされる。

技術蓄積はまだ途上

リチウムイオン電池は素材や、電池とつなぐ各種の機器・システムとの組み合わせをトライアンドエラーして、性能や品質を確保していく。航空機向けに万全のテストを重ねたには違いないが、「世界初」ということで、技術の蓄積が乏しいことがアダになってしまった可能性も否定はできない。

航空機向けのバッテリーの売り上げは、まだ年間数億円程度。ただ、今回のトラブルで、せっかくの成長期待分野に冷や水が浴びせられてしまったダメージはは、その金額以上に大きいかもしれない。

(タイトル下の写真は東京・大門の東京支社、撮影:武政 秀明)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング