新メッセアプリ「ヤブル」を知っていますか?

第2のSnapchatとなるか

『いいね!』やコメントではなく、インタラクション機能や投票のための別レイヤーがある「ヤブル(Yubl)」

メッセージングアプリ「ヤブル(Yubl)」は、Facebook離れが進む25歳未満の若年層をターゲットとして、2016年2月にリリースされた。アプリ市場分析をおこなうアップアニーによれば、Google Playでの「ヤブル」のダウンロード数は 1万~5万だという。また、同年5月以降、iPhoneユーザーによるダウンロード数は、ソーシャルメディアカテゴリー内でトップ20にまで跳ね上がった。いまやブランドも注目しはじめている。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

基本的に、「ヤブル」のしくみはインスタグラムによく似ている。ユーザーはフォローしているアカウントの画像フィードをスクロールして閲覧したり、ほかのユーザーと非公開のチャットをしたりできる。違いは、画像が単なる静止画ではないことだ。画像に埋め込まれたインタラクティブな「ボタン」により、ユーザーは投票したり、位置情報を見たり、リンクをたどったりできる。

熱視線を注ぐコマース企業

プリマークの「ヤブル」は元気がいい

すでに「ヤブル」のこうした機能をテストしているブランドには、レッドブル、英ファッション通販エイソス(ASOS)、英アクセサリーブランドのアクセサライズ、アイルランド発のファストファッションブランドであるプライマークなどがいる。それぞれ、青いチェックマークが付いた「ヤブル」の認証済みページを運営している。

プライマークでデジタルコミュニケーションの責任者を務めるオリー・ルジスコ氏は、米DIGIDAYに対して、「『ヤブル』は、コンテンツとの関わり方が独特だ。『いいね!』やコメントではなく、インタラクション機能や投票のための別レイヤーがある。そこが目新しい」と語った。

小売企業にとって特に期待の大きい機能が商品購入リンクだ。ブランドとしては自社のeコマースサイトにユーザーを呼び戻ししたいが、スナップチャットやインスタグラムは、いまのところリンク付きの投稿を許可していないため、そのようなプラットフォーム上では抜け道を編み出さなくてはならなかった。

次ページ求められるのはバランス
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT