イラク首都の爆弾攻撃で約120人死亡

「イスラム国」が犯行声明

 7月3日、イラクの首都バグダッドで未明、2回の爆発があり、約120人が死亡、約200人が負傷した。警察や医療関係者が明らかにした。バグダッドで撮影(2015年 ロイター/Khalid Al Mousily)

[バグダッド 3日 ロイター] - イラクの首都バグダッドで3日未明、2回の爆発があり、約120人が死亡、約200人が負傷した。警察や医療関係者が明らかにした。今年発生した爆弾攻撃の死者数としては最悪だという。

事件はイスラム教のラマダン(断食月)を祝う市民で夜遅くまでにぎわっていた商業地区カラダで発生。爆弾を積んだ冷蔵トラックが同地区の中心部で爆発し、115人が死亡した。

過激派組織「イスラム国」(IS)が、インターネット上で犯行声明を出し、自爆攻撃を行ったと主張した。

また、シーア派住民が多い首都北部のシャーブ地区でも、深夜に市場を狙った爆発があり、少なくとも2人が死亡した。

イラクの治安部隊は先月末、ISの拠点だった首都西方のファルージャを奪還。治安専門家は、ISが「ファルージャでの敗北を埋め合わせようと」攻撃を仕掛けていると話した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。