イラク首都の爆弾攻撃で約120人死亡

「イスラム国」が犯行声明

 7月3日、イラクの首都バグダッドで未明、2回の爆発があり、約120人が死亡、約200人が負傷した。警察や医療関係者が明らかにした。バグダッドで撮影(2015年 ロイター/Khalid Al Mousily)

[バグダッド 3日 ロイター] - イラクの首都バグダッドで3日未明、2回の爆発があり、約120人が死亡、約200人が負傷した。警察や医療関係者が明らかにした。今年発生した爆弾攻撃の死者数としては最悪だという。

事件はイスラム教のラマダン(断食月)を祝う市民で夜遅くまでにぎわっていた商業地区カラダで発生。爆弾を積んだ冷蔵トラックが同地区の中心部で爆発し、115人が死亡した。

過激派組織「イスラム国」(IS)が、インターネット上で犯行声明を出し、自爆攻撃を行ったと主張した。

また、シーア派住民が多い首都北部のシャーブ地区でも、深夜に市場を狙った爆発があり、少なくとも2人が死亡した。

イラクの治安部隊は先月末、ISの拠点だった首都西方のファルージャを奪還。治安専門家は、ISが「ファルージャでの敗北を埋め合わせようと」攻撃を仕掛けていると話した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。