アコーディア攻防戦に旧村上ファンド関係者

SBI大株主浮上のレノ参戦

レノ側では「取材はいっさいお断りしている」とコメント。旧村上ファンドを率いた村上世彰氏が今回のアコーディア株大量取得に何らかの関与をしているのか、あるいは、TOBで攻防中のアコーディアやPGMに対してどのようなアクションを取ろうとしているのかは不明だ。

ただ、レノグループが今回のアコーディア株取得に110億円前後を投じているのに対し、これを仮にPGMによるTOBに応募して全株を8万1000円で売却できたとしても、売却益は数億円程度にとどまる。

アコーディア、PGMとも「接触はまだ」

レノの提出した大量保有報告書には、保有目的として「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」が記されている。今のところ、アコーディア、PGM側とも「レノとの接触は行っていない」と口をそろえるが、残りわずかとなったTOB攻防戦の趨勢に大きな影響を与えることは間違いない。

なお、PGM側では「(TOB期限を1月17日に控え)ここから動くのは機関投資家であり、今、来週は機関投資家とのコミュニケーションを大切にしていく」(広報担当者)としているが、レノに対して何らかのコミュニケーションを図るのか否かについては未定のもよう。

TOBも大詰めを迎えた段階での新たなプレーヤーの登場だけに、ゴルフ2強の攻防戦にはまだ想定もできないヤマ場が待ち受ける可能性もある。また、1月7日以降もアコーディア株の買い付けをさらに行っていくつもりがあるのか、新たに大量保有報告書が出てくるのかどうかにも注目する必要がある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT