盗難された五輪メダル、6歳の少女が発見

家族と散歩中に林のなかで

 6月20日、1992年バルセロナ五輪のカヌー競技で米国出身のジョー・ヤコビさんが獲得した金メダルが今月車から盗まれた事件で、メダルが6歳の少女に発見され、返却されたことが分かった。写真は返却されたメダルを見せるヤコビさん。ヤコビさん提供(2016年 ロイター)

[アトランタ 20日 ロイター] - 1992年バルセロナ五輪のカヌー競技で米国出身のジョー・ヤコビさん(46)が獲得した金メダルが今月車から盗まれた事件で、メダルが6歳の少女に発見され、返却されたことが分かった。本人が明らかにした。

少女は18日、家族と散歩中に林のなかでメダルを発見。ヤコビ氏が盗難後に開設したウェブサイトに家族がアクセスし、返却に至ったという。

ヤコビ氏は電話インタビューで、メダルはベース部分が失われていたが、ほぼ無傷だったと述べた。修理も可能だが、ヤコビ氏は盗難と発見の物語を心にとどめるため、このままにしておくかもしれないと語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。