盗難された五輪メダル、6歳の少女が発見

家族と散歩中に林のなかで

 6月20日、1992年バルセロナ五輪のカヌー競技で米国出身のジョー・ヤコビさんが獲得した金メダルが今月車から盗まれた事件で、メダルが6歳の少女に発見され、返却されたことが分かった。写真は返却されたメダルを見せるヤコビさん。ヤコビさん提供(2016年 ロイター)

[アトランタ 20日 ロイター] - 1992年バルセロナ五輪のカヌー競技で米国出身のジョー・ヤコビさん(46)が獲得した金メダルが今月車から盗まれた事件で、メダルが6歳の少女に発見され、返却されたことが分かった。本人が明らかにした。

少女は18日、家族と散歩中に林のなかでメダルを発見。ヤコビ氏が盗難後に開設したウェブサイトに家族がアクセスし、返却に至ったという。

ヤコビ氏は電話インタビューで、メダルはベース部分が失われていたが、ほぼ無傷だったと述べた。修理も可能だが、ヤコビ氏は盗難と発見の物語を心にとどめるため、このままにしておくかもしれないと語った。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。