盗難された五輪メダル、6歳の少女が発見

家族と散歩中に林のなかで

 6月20日、1992年バルセロナ五輪のカヌー競技で米国出身のジョー・ヤコビさんが獲得した金メダルが今月車から盗まれた事件で、メダルが6歳の少女に発見され、返却されたことが分かった。写真は返却されたメダルを見せるヤコビさん。ヤコビさん提供(2016年 ロイター)

[アトランタ 20日 ロイター] - 1992年バルセロナ五輪のカヌー競技で米国出身のジョー・ヤコビさん(46)が獲得した金メダルが今月車から盗まれた事件で、メダルが6歳の少女に発見され、返却されたことが分かった。本人が明らかにした。

少女は18日、家族と散歩中に林のなかでメダルを発見。ヤコビ氏が盗難後に開設したウェブサイトに家族がアクセスし、返却に至ったという。

ヤコビ氏は電話インタビューで、メダルはベース部分が失われていたが、ほぼ無傷だったと述べた。修理も可能だが、ヤコビ氏は盗難と発見の物語を心にとどめるため、このままにしておくかもしれないと語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。