ロシア陸上選手団、リオ五輪への参加不可に

ドーピング問題で出場停止処分を継続

 6月17日、国際陸上競技連盟は、組織的なドーピング問題で昨年11月に資格停止としたロシア陸連に対する処分を継続することを決定。ロシア選手団はリオデジャネイロ五輪の陸上競技に参加できないことに。写真は国際陸連のコー会長(左)とアンダーセン氏(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン/モスクワ 17日 ロイター] - 国際陸上競技連盟(IAAF)は17日、ウィーンで理事会を開き、組織的なドーピング問題で昨年11月に資格停止としたロシア陸連に対する処分を継続することを決定した。これによりロシアの選手団は8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪の陸上競技に参加できないこととなった。

ロシアにおけるドーピング問題の改革を監視するIAAFタスクフォースのトップを務めるルネ・アンダーセン氏は「問題は根深く、実質的に変わらないようにうかがわれる」とし、ロシア国旗の下で選手がリオ五輪に参加することはないと述べた。

ロシアのプーチン大統領はサンクトペテルブルクで記者団に対し、ロシア選手全体に対する出場停止処分は不当だとし、国際オリンピック委員会(IOC)から適切な回答が得られることを望むと述べた。

IOCは潔白な選手が処分を受けることを懸念しており、特別な救済措置を認める可能性もある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT