ロシア陸上選手団、リオ五輪への参加不可に

ドーピング問題で出場停止処分を継続

 6月17日、国際陸上競技連盟は、組織的なドーピング問題で昨年11月に資格停止としたロシア陸連に対する処分を継続することを決定。ロシア選手団はリオデジャネイロ五輪の陸上競技に参加できないことに。写真は国際陸連のコー会長(左)とアンダーセン氏(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン/モスクワ 17日 ロイター] - 国際陸上競技連盟(IAAF)は17日、ウィーンで理事会を開き、組織的なドーピング問題で昨年11月に資格停止としたロシア陸連に対する処分を継続することを決定した。これによりロシアの選手団は8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪の陸上競技に参加できないこととなった。

ロシアにおけるドーピング問題の改革を監視するIAAFタスクフォースのトップを務めるルネ・アンダーセン氏は「問題は根深く、実質的に変わらないようにうかがわれる」とし、ロシア国旗の下で選手がリオ五輪に参加することはないと述べた。

ロシアのプーチン大統領はサンクトペテルブルクで記者団に対し、ロシア選手全体に対する出場停止処分は不当だとし、国際オリンピック委員会(IOC)から適切な回答が得られることを望むと述べた。

IOCは潔白な選手が処分を受けることを懸念しており、特別な救済措置を認める可能性もある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。