ロシア陸上選手団、リオ五輪への参加不可に

ドーピング問題で出場停止処分を継続

 6月17日、国際陸上競技連盟は、組織的なドーピング問題で昨年11月に資格停止としたロシア陸連に対する処分を継続することを決定。ロシア選手団はリオデジャネイロ五輪の陸上競技に参加できないことに。写真は国際陸連のコー会長(左)とアンダーセン氏(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン/モスクワ 17日 ロイター] - 国際陸上競技連盟(IAAF)は17日、ウィーンで理事会を開き、組織的なドーピング問題で昨年11月に資格停止としたロシア陸連に対する処分を継続することを決定した。これによりロシアの選手団は8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪の陸上競技に参加できないこととなった。

ロシアにおけるドーピング問題の改革を監視するIAAFタスクフォースのトップを務めるルネ・アンダーセン氏は「問題は根深く、実質的に変わらないようにうかがわれる」とし、ロシア国旗の下で選手がリオ五輪に参加することはないと述べた。

ロシアのプーチン大統領はサンクトペテルブルクで記者団に対し、ロシア選手全体に対する出場停止処分は不当だとし、国際オリンピック委員会(IOC)から適切な回答が得られることを望むと述べた。

IOCは潔白な選手が処分を受けることを懸念しており、特別な救済措置を認める可能性もある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT