安倍新政権は農業・観光・医療を強化せよ

デフレ脱却は成長産業の育成にあり

これまでにおいても、新たな首相が誕生するたびに、新しい成長戦略がそれなりに策定されてはきました。しかし、結局は実行されることなく、その成長戦略は忘れ去られていく運命にありました。

なぜかというと、政府が成長戦略を実行に移す気がまったくなかったからです。新しい成長産業をつくるにしても、その成果が目に見えるかたちであらわれるには、早くて5年、普通は10年の年月を要します。

政治にとって優先されるのは、成果が出るのが先になる政策ではなくて、目先の選挙で投票してもらえる政策を実行することです。したがって、政府は成長戦略において総花的な政策を掲げて、賛成しているような素振りを見せますが、結局は真剣に取り組もうとはしてこなかったのです。

いま国民は本当の政治を求めています。政治が国民に本気で明るい未来を見せたいのであれば、政府が優先してやるべきことは決まっているのです。安倍新政権には、今度こそ国民の期待に応えてもらいたいと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT