「コーヒー発がん性」証拠なし、熱い飲み物には注意=WHO

65度以上の熱い飲料に注意

 6月15日、国際がん研究機関は、最新調査の結果、コーヒーの発がん性を示す決定的な証拠はないことが明らかになったと発表。写真はカラカスのコーヒー店で2015年2月撮影(2016年 ロイター/Jorge Silva)

[ロンドン 15日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)は15日、最新調査の結果、コーヒーの発がん性を示す決定的な証拠はないことが明らかになったと発表した。

IARCはこれまで、クロロホルムや鉛と同様、コーヒーを「ヒトに対する発がん性が疑われる」とされる「グループ2B」に分類していた。

同機関は、ヒトと動物を対象にした1000以上の研究を調査。その結果、コーヒーを「発がん性がある」または「ない」と判断するに十分な証拠はなかった。また、コーヒーを飲むことで特定のがんの発症リスクが低下することを示唆する研究もあったという。

ただ、どんな飲み物でも、温度が約65度を超えるものであれば、食道がんを引き起こすリスクがあることが科学的に示されたと指摘。IARCのクリストファー・ワイルド所長は「非常に熱い飲み物は食道がんの一因である可能性がある」とし、「飲み物の種類ではなく、温度に関係があるとみられる」と説明した。

全米コーヒー協会は、「コーヒーを飲む人たちに朗報だ」と最新結果を歓迎した。一方、英ケンブリッジ大学のデービッド・シュピーゲルホルター教授は声明で、IARCの発表が混乱を招く可能性があると指摘。「非常に熱い飲み物はおそらく有害だとしているが、リスクがどの程度あるのかについては明らかにできていない」と批判した。さらに「IARCは昨年、ベーコンに発がん性があると発表したが、適度の摂取であればリスクはそれほど高くないことが明らかになっている」とも述べた。

IARCは昨年、ホットドッグ、ソーセージ、ベーコンなどの加工肉が大腸がんのリスクを高めるほか、赤身肉も同様のリスクがあるとのリポートを発表した。

*見出しを修正して再送します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT