再登場した「カシオペア」は何が変わったか

最新鋭の機関車が牽引して北海道へ向かう!

函館本線を行くDF200牽引のE26系カシオペアクルーズ

カシオペアクルーズの運転は、2017年春に営業開始が予定される「TRAINSUITE四季島」のプレ企画ともいえ、一般営業では見られない付加価値の高いサービスを特徴としている。食事関係では著名なシェフが素材を吟味した特別なメニューを整え、「トレインクルー」と称する車内サービス専属スタッフも同行する。

細やかな“もてなし”の一方、ツアー募集人員は、E26系客車の編成定員(176人)に対して30~50人(初期の2回は除く)と抑え、1人当たりの旅行代金を30~60万円に設定。また、車中泊のほか行程の中で現地の高級旅館やホテルに1泊することもツアーのセールスポイントになっている。

車内における食事については、ホテルメトロポリタンの料理長、「食の都庄内」親善大使のシェフ、大沼湖畔のレストラン「ターブル・ドゥ・リバージュ」が手がける料理、塩竃のにぎり寿司などが提供される。今夏の企画の募集人員は各回34人。旅行代金はこれまでと同じく個室のグレードによって幅があり、1人当たり48万~60万円となっている。

機関車と客車は均整がとれて美しい

2016年8月号(6月21日発売)。特集は「機関車新旧交代」。画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

「カシオペア紀行」を利用するびゅうトラベルサービスのツアーでは、ダイニングカーの夕食と朝食のほかツインの個室内で食事をとるプランもある。2~3泊の北海道ツアーを組み合わせた旅行代金はおおむね15万~30万円。

DD51重連のフォルムも詩情ゆたかであったが寝台車に匹敵する屋根高さの機関車とのペアは均整がとれて美しい。熊の愛称そのままのボリュームあるDF200が寝台列車を牽引する勇姿を披露するのは初めてだが、DD51には荷が重かった現車12・換算50の列車もこのハイパワー機にとっては軽い仕業だ。定期列車であったらスピードアップも可能だったかもしれない。

思えば歴代の寝台特急の牽引機は客車よりだいぶ背が低かった。重量級の機関車が軽量の客車を牽く。赤い車体が北国の夏に映える。期間限定の夢の舞台ではあるが。

(撮影:久保田敦)

 

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。