路線別「通勤定期&通学定期比率」ランキング

首位は意外な路線、比率の違いで収益に変化

87路線の下位には、空港利用者が多数を占めそうな京成・成田空港線などはさておき、大阪市営地下鉄の路線がずらりと並ぶのが気になる。大阪市交通局にこの理由を聞いてみたところ、「独自サービスの“マイスタイル”の利用者が増えているからではないか」という。

マイスタイルには一般向けと学生向けの2タイプがあるが、料金は利用の多い月でも上限を超えた分は6カ月定期の6分の1に相当する上限額が適用され、少ない月は使った分だけしかかからない。「ゴールデンウィークやお盆、年末年始など利用の少ない月のことを考えると6カ月定期よりもお得」(大阪市交通局)という。

しかも登録した2駅の間のみが利用可能となる定期券とは異なり、マイスタイルは登録した2駅を中心としたエリアが利用可能となる。登録駅次第では、定期券からマイスタイルに移行した客が多いというのもうなずける話だ。

通学定期は収益の圧迫要因に

さて、養老鉄道は通学定期比率が高いということは冒頭で述べたが、通学定期は通勤定期と比べると、3~5割は価格が安い。子供の定期代を負担する親にとってはありがたい話だが、鉄道会社にとっては収益の圧迫要因と考えることもできる。

大手鉄道会社なら安価な通学定期利用者が多くても問題にはならないだろうが、地方の中小鉄道会社はどうだろうか。そこで、鉄道統計年報を使って日本国内の旅客路線について、輸送人員に占める通学定期比率を高い順に並べてみた。

結果は、1位がくま川鉄道の75.2%、2位が真岡鉄道の71.0%、3位が山形鉄道の70.0%を筆頭に、地方路線がズラリと並ぶ結果となった。ベスト30で大手鉄道会社の路線は東武の小泉線、佐野線、越生線のみだ。

次ページ通学定期の値上げの可能性は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT