マイクロソフトが発表した最新Xboxの正体 

「4K」画質や仮想現実(VR)に対応

 6月13日、米マイクロソフトは、ロサンゼルスで開かれたゲーム機の見本市「E3」で、家庭用ゲーム機「Xbox」の新型機と開発計画を発表した。写真はカリフォルニア州ロサンゼルスで撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[13日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は13日、ロサンゼルスで開かれたゲーム機の見本市「E3」で、家庭用ゲーム機「Xbox」の新型機と開発計画を発表した。

2017年の年末商戦に投入する予定の新型機(開発コードネーム「プロジェクト・スコーピオ」)は、高精細な「4K」画質や仮想現実(VR)に対応。既存のXboxゲームと互換性を確保する。価格は公表されていない。

また薄型化した「Xbox・One・S」は4Kビデオの動画配信サービスに対応するなど新たな機能を盛り込み、8月に発売する。基本モデルの価格は299ドル。

E3では、ソニー<6758.T>も、家庭用ゲーム機「プレイステーション」用のVRヘッドセットを米国で10月半ばまでに発売すると発表した。

「スパイダーマン」などプレイステーションの新作タイトルを発売することも明らかにした。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。