マイクロソフトが発表した最新Xboxの正体 

「4K」画質や仮想現実(VR)に対応

 6月13日、米マイクロソフトは、ロサンゼルスで開かれたゲーム機の見本市「E3」で、家庭用ゲーム機「Xbox」の新型機と開発計画を発表した。写真はカリフォルニア州ロサンゼルスで撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[13日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は13日、ロサンゼルスで開かれたゲーム機の見本市「E3」で、家庭用ゲーム機「Xbox」の新型機と開発計画を発表した。

2017年の年末商戦に投入する予定の新型機(開発コードネーム「プロジェクト・スコーピオ」)は、高精細な「4K」画質や仮想現実(VR)に対応。既存のXboxゲームと互換性を確保する。価格は公表されていない。

また薄型化した「Xbox・One・S」は4Kビデオの動画配信サービスに対応するなど新たな機能を盛り込み、8月に発売する。基本モデルの価格は299ドル。

E3では、ソニー<6758.T>も、家庭用ゲーム機「プレイステーション」用のVRヘッドセットを米国で10月半ばまでに発売すると発表した。

「スパイダーマン」などプレイステーションの新作タイトルを発売することも明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT