マイクロソフトが発表した最新Xboxの正体 

「4K」画質や仮想現実(VR)に対応

 6月13日、米マイクロソフトは、ロサンゼルスで開かれたゲーム機の見本市「E3」で、家庭用ゲーム機「Xbox」の新型機と開発計画を発表した。写真はカリフォルニア州ロサンゼルスで撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[13日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は13日、ロサンゼルスで開かれたゲーム機の見本市「E3」で、家庭用ゲーム機「Xbox」の新型機と開発計画を発表した。

2017年の年末商戦に投入する予定の新型機(開発コードネーム「プロジェクト・スコーピオ」)は、高精細な「4K」画質や仮想現実(VR)に対応。既存のXboxゲームと互換性を確保する。価格は公表されていない。

また薄型化した「Xbox・One・S」は4Kビデオの動画配信サービスに対応するなど新たな機能を盛り込み、8月に発売する。基本モデルの価格は299ドル。

E3では、ソニー<6758.T>も、家庭用ゲーム機「プレイステーション」用のVRヘッドセットを米国で10月半ばまでに発売すると発表した。

「スパイダーマン」などプレイステーションの新作タイトルを発売することも明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT