アップルが明かしたiPhone進化計画の全貌

iPhone7に向けては依然としてナゾも

まず感じたのが、iPhone市場、スマートフォン市場の成熟にともなって、標準搭載アプリの機能にサードパーティ製アプリの要素が大きく取り込まれていることだ。

「iMessege」でスタンプが送れるようになる

たとえばメッセンジャー機能の「iMessenger」は、表現力豊かなさまざまなメッセージの送り方ができるようになる。その中にはアップルオリジナルのアイデアも少なくないが、文字を自動認識して絵文字に変換したり、ステッカー(スタンプ)機能とステッカーのサードパーティコンテンツを導入したりと、世の中にあるメッセンジャーサービスからの拝借と考えられるアイデアも少なくない。

Apple Musicもアプリを大きく改変し、デザインテイストが「Beats」ブランド寄りにシフトし、ビジュアル面や機能面(歌詞や関連アーティストなどとのリンク)での工夫を入れたり、インターネットラジオ機能の改善などを施しているが、同じくリニューアルされるNewsアプリとともに、機能面では既視感がある。

地図アプリはユーザーに能動的に情報を提供

一方、新しい地図アプリは、状況を判断するさまざまな情報を集め、能動的にユーザーに情報を提供する機能が加わった。たとえば、仕事で別の場所に行く必要があるとき、出発時間を考えて、経路を表示しつつ、何時に到着予定かといったことを知ることが可能になる。さらに、出先でシーフードレストランを予約したい……といった場合には、電子アシスタントのSiriを呼び出して予約を入れるといった動作も可能になる。

視点を変えれば、iPhoneというプラットフォーム上で、サードパーティやライバル(地図関連のアップデートはGoogle Nowに似たアイデアが盛り込まれていた)を取り込みつつ、アップル側でより優れた実装を施したもの、という見方もできよう。

次ページ「地図」はアプリなのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT