ワンプライスが攻勢 激変する眼鏡業界

ワンプライスが攻勢 激変する眼鏡業界

4月15日、眼鏡小売り大手のメガネスーパーは2008年4月期決算が一転営業赤字となる減額修正を発表した。「レンズ50%オフなどのセールをしても中高額品の落ち込みを支え切れない。今は辛抱」と黒羽誠一常務は嘆く。同社は不採算店閉鎖に追われている。

眼鏡業界で業績が急落しているのは同社だけでない。「メガネのパリミキ」などを展開する業界トップの三城は3期連続で減収、利益も半減した。「メガネの愛眼」を展開する4位の愛眼も前期比4割減益、5位のビジョンメガネに至っては営業赤字に転落し、希望退職者募集を余儀なくされている。約6000億円弱とみられる眼鏡業界の売上高は、この10年間は漸減傾向。市場はオーバーストア状態に陥っている。

わずか1年半の間に全店をワンプライス化

業界総崩れかと思われる中、08年3月期に増収増益となる見通しを唯一維持しているのが、前期まで業界3位だったメガネトップだ。29カ月連続で既存店対前年比100%をクリアし、08年3月期は13%の増益となる見込み。売上高は2位のメガネスーパーを抜き、利益面でも首位の三城に接近。同社の攻勢に業界の惨状を読み解くカギがある。

メガネトップ好調の原動力は、06年10月に開始した、レンズ・フレームセットがワンプライス(均一価格)の新業態「眼鏡市場(めがねいちば)」だ。一式税込み1万8900円均一で、超薄型非球面レンズなど20種類のレンズを自由に選べるうえに、フレームもブランド品を含め店内商品から自由に組み合わせられるのが特徴。価格のカギを握るレンズは取引先を絞り込むことで、ボリュームディスカウントを実現した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。