円全面高、英EU離脱問題で1ドル105円台に

対ユーロで3年超ぶりの円高、次の節目は?

 6月13日、午後3時のドル/円は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、顕著にドル安/円高の105円後半。写真は都内の為替ボード。4月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、顕著にドル安/円高の105円後半。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる不透明感がもたらすリスク回避が広がるなか、アジアの株式市場が大幅安となり、為替市場では円が全面高の展開となった。

ドルは、朝方の高値106.95円から一時105.73円付近まで下落し、5月3日に付けた年初来安値、105.55円に迫った。106円付近では一部の輸入企業のドル買い/円売り興味が観測されたが、打診買い程度の規模だったという。

市場では「年初来安値は意識されるかもしれないが、流れとしては105円ちょうどを狙う動きが強まりそうだ」(国内銀)との意見が複数聞かれ、引き続き下値リスクが警戒されている。

一方、「ここでドルが105―105.55円のゾーンを維持できれば、テクニカルにはダブルボトムを付けることになり、反発の芽も出てくる。一方、105円を下抜けると、次の目標が100円となり、投機筋も呼び込みやすくなる」とみずほ証券投資情報部、チーフFXストラテジスト、鈴木健吾氏は言う。

円が全面高となるなか、対欧州通貨での円高が特に目立った。

英ポンド/円<GBPJPY=>は、朝方の高値152.87円から一時150.12円まで下落し、2013年8月以来、2年10カ月ぶりの安値をつけた。

ユーロ/円<EURJPY=EBS>は、朝方の高値120.33円から一時119.00円まで下落し、2013年2月以来、3年4カ月ぶり安値を付けた。

11日に公表された世論調査によると、英国の欧州連合(EU)離脱を支持する人と残留を支持する人の割合は依然として拮抗(きっこう)している。

中国の小売売上高などの経済指標が発表されたが、概ね市場予想通りの結果となり、これまでのところ相場の反応は限定的となっている。5月の中国小売売上高は前年比10.0%増(市場予想10.1%増)、鉱工業生産は前年比6.0%増(同5.9%増)と、ほぼ市場予想通りの着地となった。一方、1─5月の固定資産投資は前年比9.6%増で市場予想10.5%増を下回った。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 105.80/82 1.1249/53 119.02/06 

午前9時現在 106.48/52 1.1236/40 119.65/69

NY午後5時 106.92/95 1.1254/59 120.36/40

 

(為替マーケットチーム)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT