「数字が苦手」でも経理で活躍できる方法

「ニコイチ」の人材になって差別化を図る

そこまでせずとも、現状の経理の機能やメンバーの持っているスキルに足りないものは何かを考え、その分野に注力するというのもアリですし、部署横断スキルの合わせ技という視点もあります。

合わせ技というのは、複数のスキルを組み合わせて周囲との差別化を図る方法で、たとえば「経理スキル×法務知識」とか、もっと簡単な例で言うと「経理スキル×語学」なんてのもそうですね。

リプレース不可能な人材になるため「ニコイチ」になる

そういったことが可能であれば、それこそワンストップサービスを周りに提供することができますし、部署横断の仕事もできるようになるでしょう。ちなみにこの合わせ技も私自身が駆使してきたことでもあり、要は他人にできないことをし、リプレース不可能な人材になるために「ニコイチ」になるという意味です。

いずれのケースでも基本となる心構えは、経理という与えられたポジションや仕事を自分の仕事のすべてと考えずに、もっと全体目線で会社や経営にとって役に立つ仕事とは何かを考える、というスタンスをつねに持つということです。

私は常々、仕事も人生も誰かがパーフェクトなものを与えてくれるものでもなく、ましてや定義してくれるものでもないと考えています。そうでなく、あくまでも自分自身で仕事や人生を定義し、パーフェクトな仕事や人生を自分自身で作り上げていくものだというポリシーを持っております。

「差別化を図りたい」という気概をお持ちのsakuraさんも、ぜひそういったスタンスで周囲をよく研究し、どこで自分が勝負できるのか、どこで勝負すべきなのか、常々そういったことを考えながら、ご自身にとってのパーフェクトを探求していただきたいと思います。

sakuraさんが転職先にて今まで以上に活躍され、創意工夫によりご自身にとっての理想の仕事とされることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT