米テスラ「モデルS」、サスペンションに問題か

所有者と情報非開示の合意をした上で修理

 6月9日、米道路交通安全局(NHTSA)は、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズの主力セダン「モデルS」のサスペンションに問題がある可能性を調査していると発表した。写真はテスラのロゴ。ニューヨークで4月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)は9日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ<TSLA.O>の主力セダン「モデルS」のサスペンションに問題がある可能性を調査していると発表した。

NHTSAのスポークスマンは、「モデルSのサスペンションについて調査しており、所有者と同社から追加情報を求めている」と述べた。

NHTSAはまた、テスラがサスペンションの問題がある「モデルS」の所有者との間で情報を開示しない合意をしていたと明らかにした。

同局のローズカインド局長は業界会合で行われたインタビューで、現在は情報収集を行っている段階だと述べた。

自動車関連のウェブサイトdailykanban.comは今週、モデルSに安全上の欠陥がある可能性について報道。サスペンションに問題があるとウェブ上に書き込んだモデルS所有者が、NHTSAの調査担当から電子メールを受け取ったと報じた。

所有者によるとテスラは、同社が修理費用を負担することを開示しないことを条件に、費用3100ドルの50%を負担することで合意したという。

テスラの広報担当はNHTSAの発表内容を精査していると述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。