米テスラ「モデルS」、サスペンションに問題か

所有者と情報非開示の合意をした上で修理

 6月9日、米道路交通安全局(NHTSA)は、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズの主力セダン「モデルS」のサスペンションに問題がある可能性を調査していると発表した。写真はテスラのロゴ。ニューヨークで4月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)は9日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ<TSLA.O>の主力セダン「モデルS」のサスペンションに問題がある可能性を調査していると発表した。

NHTSAのスポークスマンは、「モデルSのサスペンションについて調査しており、所有者と同社から追加情報を求めている」と述べた。

NHTSAはまた、テスラがサスペンションの問題がある「モデルS」の所有者との間で情報を開示しない合意をしていたと明らかにした。

同局のローズカインド局長は業界会合で行われたインタビューで、現在は情報収集を行っている段階だと述べた。

自動車関連のウェブサイトdailykanban.comは今週、モデルSに安全上の欠陥がある可能性について報道。サスペンションに問題があるとウェブ上に書き込んだモデルS所有者が、NHTSAの調査担当から電子メールを受け取ったと報じた。

所有者によるとテスラは、同社が修理費用を負担することを開示しないことを条件に、費用3100ドルの50%を負担することで合意したという。

テスラの広報担当はNHTSAの発表内容を精査していると述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT