米テスラ「モデルS」、サスペンションに問題か

所有者と情報非開示の合意をした上で修理

 6月9日、米道路交通安全局(NHTSA)は、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズの主力セダン「モデルS」のサスペンションに問題がある可能性を調査していると発表した。写真はテスラのロゴ。ニューヨークで4月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)は9日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ<TSLA.O>の主力セダン「モデルS」のサスペンションに問題がある可能性を調査していると発表した。

NHTSAのスポークスマンは、「モデルSのサスペンションについて調査しており、所有者と同社から追加情報を求めている」と述べた。

NHTSAはまた、テスラがサスペンションの問題がある「モデルS」の所有者との間で情報を開示しない合意をしていたと明らかにした。

同局のローズカインド局長は業界会合で行われたインタビューで、現在は情報収集を行っている段階だと述べた。

自動車関連のウェブサイトdailykanban.comは今週、モデルSに安全上の欠陥がある可能性について報道。サスペンションに問題があるとウェブ上に書き込んだモデルS所有者が、NHTSAの調査担当から電子メールを受け取ったと報じた。

所有者によるとテスラは、同社が修理費用を負担することを開示しないことを条件に、費用3100ドルの50%を負担することで合意したという。

テスラの広報担当はNHTSAの発表内容を精査していると述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 財新
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT