米テスラ「モデルS」、サスペンションに問題か

所有者と情報非開示の合意をした上で修理

 6月9日、米道路交通安全局(NHTSA)は、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズの主力セダン「モデルS」のサスペンションに問題がある可能性を調査していると発表した。写真はテスラのロゴ。ニューヨークで4月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)は9日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ<TSLA.O>の主力セダン「モデルS」のサスペンションに問題がある可能性を調査していると発表した。

NHTSAのスポークスマンは、「モデルSのサスペンションについて調査しており、所有者と同社から追加情報を求めている」と述べた。

NHTSAはまた、テスラがサスペンションの問題がある「モデルS」の所有者との間で情報を開示しない合意をしていたと明らかにした。

同局のローズカインド局長は業界会合で行われたインタビューで、現在は情報収集を行っている段階だと述べた。

自動車関連のウェブサイトdailykanban.comは今週、モデルSに安全上の欠陥がある可能性について報道。サスペンションに問題があるとウェブ上に書き込んだモデルS所有者が、NHTSAの調査担当から電子メールを受け取ったと報じた。

所有者によるとテスラは、同社が修理費用を負担することを開示しないことを条件に、費用3100ドルの50%を負担することで合意したという。

テスラの広報担当はNHTSAの発表内容を精査していると述べた。

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。