上値メドは1万1000円から1万2000円

どうなる2013年の日経平均

リスク要因として目先考えられるのは、円高への巻き戻しだ。ミセス・ワタナベと称される個人投資家は、現在、将来の円安を見込んで大量の円売り・ドル買いポジションを取っている。

しかし、何かのショックでポジション解消を迫られれば、一時的にせよ急激な円高が進む可能性もある。また年末に迫った米国の「財政の崖」の問題だが、仮に与野党合意に至ったとしても一部の人にとっては増税となるわけであり、経済成長を抑えることになる。

米国の与野党協議の決裂で大増税となるのは最悪のシナリオで、実際その可能性は低いと見ているが、合意すればOKというわけでもない。合意後の株安という展開も想定しておくべきだろう。

長期的なリスクシナリオとしては、日本国債の暴落による長期金利の上昇だ。今のところ安倍・自民党総裁の「リフレ・上げ潮政策」を株式市場は評価しているが、その裏側で日本の政府債務残高が一段と膨らんでいる。

かつて、日本国債のカラ売りは、海外投資家が何度も仕掛けては失敗してきたものの、日本国債が下落するリスクは以前より高くなっている。ただ、そうなる前には円安・株高になっているわけであり、まずは投資機会を逃さないようにしたい。


 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。