上値メドは1万1000円から1万2000円 どうなる2013年の日経平均

拡大
縮小

リスク要因として目先考えられるのは、円高への巻き戻しだ。ミセス・ワタナベと称される個人投資家は、現在、将来の円安を見込んで大量の円売り・ドル買いポジションを取っている。

しかし、何かのショックでポジション解消を迫られれば、一時的にせよ急激な円高が進む可能性もある。また年末に迫った米国の「財政の崖」の問題だが、仮に与野党合意に至ったとしても一部の人にとっては増税となるわけであり、経済成長を抑えることになる。

米国の与野党協議の決裂で大増税となるのは最悪のシナリオで、実際その可能性は低いと見ているが、合意すればOKというわけでもない。合意後の株安という展開も想定しておくべきだろう。

長期的なリスクシナリオとしては、日本国債の暴落による長期金利の上昇だ。今のところ安倍・自民党総裁の「リフレ・上げ潮政策」を株式市場は評価しているが、その裏側で日本の政府債務残高が一段と膨らんでいる。

かつて、日本国債のカラ売りは、海外投資家が何度も仕掛けては失敗してきたものの、日本国債が下落するリスクは以前より高くなっている。ただ、そうなる前には円安・株高になっているわけであり、まずは投資機会を逃さないようにしたい。


 

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT